FLAT OUT
Anyway the wind blows...
What's new Car&Driving Column My Profile BBS Links     

アメリカへ旅立ち

2006年の1月。
仕事でアメリカに行くことになった。
といっても視察みたいな感じで気は楽。
場所はサンフランシスコにあるシリコンバレー。
初めてのアメリカ。
生まれて2度目の海外。
出発は2006年1月23日。
昼12時に福岡空港を飛び立ち、23日の朝9時にサンフランシスコに到着...
タイムトラベラーです。

出発の朝、あまり天気が良くない。
山の中を走る田舎路線の電車で博多まで。
驚いたことに雪国景色だった。

山の中の雪景色は、のどかだけど幻想的な雰囲気が漂ってきた。
ほんとに今からアメリカに行くのか!?って気分になってきた。

福岡 to 成田

天候の心配はあったけど、さすが街の中にある福岡空港は問題なし。
福岡空港では他の参加者と合流し自己紹介タイム。
自分以外はほとんど社長ばかりだった...
いろんな雰囲気の方ばかりで楽しそうな雰囲気。

天気は良くはないけど、
こんな天気の方がダイナミックな景色を楽しめる♪
そろそろ成田空港へ。

上と下に雲があっていい雰囲気を醸し出してる。

上が晴れの時の雲で、下が曇りの時の雲。

ある程度飛ぶと、今度は雲が消え快晴に。

成田空港に近づくと、一面真っ白。

いろいろな景色を味わえた国内飛行だった。

成田 to サンフランシスコ

成田についた。

ここには燃料を満載して、翼がしなった飛行機がたくさん。

飛行機の燃料は翼の中。地上では重さで翼がたわむ。

燃料満載で重い機体は、いつもより離陸時間が長い。
内心どこまで加速したら離陸するんだ!?って気分になる。
浮かび上がれば、あとはサンフランシスコ空港まで一気に飛んじゃう。

すごい勢いで飛行機雲を作り出してるところ。
間近で見たのは初めて。
エンジンから白い水蒸気が大量にでてる。

ついた。
なんかドイツに行ったときと雰囲気違う。 やっぱり海外といっても国によって全然違うもんだ。
全体的に一回りサイズが大きい感じがする。
通路も部屋もトイレも人間も。

外に出てみると雰囲気はアメリカン♪

シリコンバレーへ

シリコンバレーってのは
サンフランシスコのIT企業が集まった街のことをいって、
誰でも知ってる大企業が沢山ある。
Google、Yahoo、Apple、Intelなど。

空港からシリコンバレーまで↓このバスで色々移動。

街中の雰囲気もアメリカン。
アメリカドラマとか映画に出てきそうな雰囲気。

到着早々視察開始。
場所はシリコンバレーで日本人の支援をやってる施設って感じのとこだったかな。
で、自分はここで会社のことをプレゼン。
シリコンバレーまで来てプレゼンするとは思ってもみなかったな。

あとは最初に泊まるホテルへGo!

シリコンバレーってのは、いろんな会社が密集してるのかと思ってたけど、
実際はいろいろなところに分散されてる。
広大な土地のあるアメリカって感じがする。
日本でIT企業となると都会のビル郡の中にある。
こういう文化とか環境の違いが社風の違いに表れるんだろうな〜

ホテルへ

ホテルはなんかこぢんまりとした感じだけど、
歴史がある感じで雰囲気はよかった。

暖炉があったり、

チェスがあったりと。

こんな感じでアメリカの初日は過ぎていったのさ。
初日の感想としては、デカイだった。
土地も道も車もいろんな規模がデカイって感じた。
そこらへんがアメリカなんだろうな。

おすすめの超激安タイヤ通販 AUTOWAY

コラムへ戻る

ミニコラム
むかし日記
ドイツ旅行記
アメリカ旅行記
カナダ旅行記
ソノタ
サイト内検索