FLAT OUT
Anyway the wind blows...
What's new Car&Driving Column My Profile BBS Links     

ER34スカイラインのステアリングマウントのブッシュ交換

ステアリングラック
ER34を手に入れて初めて運転したとき、
ハンドリングのシャープさに驚いた。
車の重さを感じさせないし、
ハンドルを切った瞬間に曲がり始める。
その印象が深く刻み込まれてる。

ただ徐々にその記憶と、
実際の動きにズレを感じてきた。
これが劣化か〜
と思ったけど、何がどう劣化するとそうなるかはよく分からなかった。
色々考えたり調べた結果、
徐々に劣化するのは、やはりゴム類。
ボディも徐々に劣化するだろうけど、
ぶつけたとか錆びたとか、溶接がはがれたとかじゃないとほとんど変化しない。はず。
で、結論として、乗り心地やハンドリングの劣化は、
ゴムでできたブッシュ類の劣化が原因だと思う。

というわけで、ブッシュ類を交換して元の姿に戻して行っている最中。
で今回は、ステアリングラックをマウントするブッシュを新品に交換。

交換開始

ステアリングラックは運転席側と助手席側の2点で固定されてる。
この固定にはゴムブッシュが使われてて、
ここの交換。
まずは恒例の車体持ち上げ。
意外と作業がやりにくい場所。
ウマをかけて安全を確保してから作業しましょう♪

とりあえず固定しているボルトを緩め金具を外す。
するとラックが手で動かせ、持ち上げるとブッシュが外せる。

↑これは助手席側
薄いゴム製のペラペラの輪っかでできてる。
あまり交換しても変化無さそう...
助手席側はただ支えてるだけの感じ。

次は運転席側。

これが苦戦した。
まず、古いブッシュがキッチリはまってて、なかなか抜けない。
こんだけガッチリだったら、交換しても変化無いのでは?って気になる。
マイナスドライバーでこじってなんとか取れた。
取れたら↓こんな感じ。

ついてたブッシュは上半分と下半分で2分割されてる。

↑上半分。左が新品、右奥がお古。
↓下半分。左が新品、右がお古。

このブッシュは中に金属が入っていて、
かなり硬い。
ドライバーでこじったりしたからゴムの部分が削れてるけど、
交換しなくても変わらない感じ。

あとは外すときと逆にブッシュをつけて、
ボルトを締めて完了。
といきたいとこだけど、

この運転席側のブッシュが硬くてなかなかはまらないので、
締め付けるのもできない。
さらに作業しにくい位置で力も入らない。
かなり苦労した。
助手席側は簡単。

インプレッション

交換後、運転してみたけど、はっきりいって変化なし。
厳密にはあるかもしれないけど、
体感できるほどの変化はないな。
ブッシュ自体もほとんど金属でできてて、
ちょっとゴムがついてるって感じで、
劣化してもあまり影響無さそうだし。
というわけで、10年10万キロ程度だと交換する必要なしだと思う。

交換日:2009/10/18
走行距離:106582km
今回買った部品
運転席側
54444-AA100 INSULATOR \990
54444-AA101 INSULATOR \990
助手席側
54445-71L00 INSUL-RACK MTG. \840

おすすめの超激安タイヤ通販 AUTOWAY

[ トラブル集&メンテナンスに戻る ] [ 上の方に戻る ]

車の運転
じぶんの車
ぶひん (DIY)
OFF会レポート
その他いろいろ
ソノタ

激安タイヤ通販 AUTOWAY

サイト内検索