FLAT OUT
Anyway the wind blows...
What's new Car&Driving Column My Profile BBS Links     

What's new

ココは What's new だけど、
別にホームページの更新を書いてないので、
What's new じゃないかも。
てきとーにこのページについてや、
それ以外のことを書いてくのでよろぴく。

おすすめの超激安タイヤ通販 AUTOWAY


レゴのApollo SATURN Vを買った。
「1960年代に人間を月に送って帰ってくる」というわかりやすいけど壮大な話を実現するために作られたロケットがSATURN V。
このロケットにはロマンとこだわりとドラマが詰まってる。 史上最速の乗り物。
打ち上げ時には、1秒間で12,000リットル以上の燃料を消費して総重量2,700トンある110mもある巨大なロケットを宇宙まで飛ばす。
しかも燃料消費でドンドン軽くなるからさらに加速していく。

そんなものを50年前に作って打ち上げて月旅行を実現。
凄すぎる。生で見てみたかった。
そんなサターン5を1,969個のパーツで長さ1mにもなる巨大なレゴで実現。
1969って数字もアポロ11号を打ち上げた年と合わせてるこだわり。
見つけた瞬間、即買い。

開けたらこんな感じ。

これこだわり感半端ない。

説明書だけでこんな感じ。
本物のアポロ写真で説明あったり、

レゴの図解で説明あったり本格的。


作り始めても部品をはめて行くたびに感動。

そしてレゴの品質の高さに驚き、気配りに驚き、感動しっぱなし。
これもう一個買っちゃうわ。

引っ越して1ヶ月ちょい過ぎた。
ネットもやっとつながって、現代的生活になった。
そしてガレージ♪

車好きにはたまらないな。
これからどんな雰囲気にするか決めてないけど、とりあえず車を入れてみた。
半年くらい洗車してないから汚いけどガレージにあるだけでかっこよく見える。
ER34買ってから十数年野ざらし状態だったので色々痛んでるはず。
これから綺麗にしていくわ。

引っ越ししたとき、いつもやるのが近所探検。
ノープランで動き回ると色々発見できて面白い。
それで海が見えるいい感じのところを発見。
その帰りにも、星空と海と街が同時に撮影できそうな場所も見つけた。
満足。

今月引っ越しをした。
ちょっと高台のところなので、景色がいいし、空もよく見えるし、夕日も綺麗に見える。
部屋からこの写真を撮れる感じ。
満足。

困ったことにまだネットがつながってないので更新は遅いかも...
といっても元々更新遅いから変わらんか。

先月のことだけど、25年ぶりくらいに京都へ行ってきた。
大阪に出張した次の日が空いてたので、ずっと行きたかった京都へ。
大人になって一度は行ってみたいなと思ってた。
仕事自体が忙しくて、完全ノープラン観光。

鉄道の博物館があったような気がすると思って調べたらドンピシャ。
そのまんなの京都鉄道博物館ってのが見つかった。
京都観光とはあまり関係ないけど、行ってみたかったので第1目標地点に。
まずは大阪駅から京都駅へGo!

鉄ちゃんじゃないけど、なんか異国に来た気分で写真を撮っちゃう。

新快速ってのに乗って京都ついた。

想像してた和な京都駅と違った。
都会的モダンな駅でデカかった。

鉄道博物館へ向かう。
地図見るとそんなに遠くなかったので歩いて行く。
途中大きな公園を抜ける。
線路横で電車を見ながらのんびりしてる人多かったな。
緑も多く、リフレッシュできる空間でなんか好きな雰囲気だった。

京都駅から15分くらい歩くと着いた。
小さい頃は電車とか好きだったけど、今はそこまでない。
だけど、なんかワクワクする。

入ると、実物がお出迎え。

やはり自分は0系新幹線にグッとくる。
小学生の頃だけど、本で見てた新幹線のホンモノに乗った感激はよく覚えてる。

中に入ると、日本の初期のころのSL。
国産初の量産型蒸気機関車らしい。
味のあるデザインだな。

これは日本初期の電気機関車。
これも味があるな〜

実物以外にも模型展示もしてる。
こういうリアルな模型見るとドキドキソワソワワクワクしちゃう。

う〜ん 精密感がたまらん。
模型作りしたくなるわ。

昔の鉄道はデザインにこだわりを感じる。

ディーゼル機関車。
なんとも言えない迫力があって好き。
小さい頃ビックワンガムでコレを作ったこともあって、思い入れがある。

下からも見られる。
これのプラモ作りたくなった。

館内はこんな感じ。
入るとすぐにこれが出迎えてくれる。
やっぱり新幹線のN500系はかっこええな。

後ろから見るとこんな感じ。

鉄道に関するいろいろなモノが展示されてたり体験できたりする。


次は巨大なジオラマ。

朝の始発から夜までを見せてくれる。

朝になり、色々な電車が発車していく。

貨物列車も。

山の上の鉄道も。
こういう橋の上を走る姿好きだな。

そこにドクターイエローが発車。
ドクターイエローは大人気で、子どもたちの声援が凄かった。

街中を走って行く。

夕方になり、薄暗くなる。

山の上の鉄道はやっぱりいい感じ。
旅行に行きたくなる。

夜になると星も出てくる。
徐々に運行も終了していく。
ミニチュアでこういうストーリーあると気持ちが入っちゃうね。

ジオラマはかなり広いけど、色々ところまで作り込まれてる。



こんな所にR32スカイラインを発見!

ここにはR35GT-Rが。

ターンテーブルもある。
以前住んでたところの駅にもあったなぁ。
電車通学時に見えてた。
駅が建て替えられて無くなってしまったけど。

とか思いながら外に出てみるとホンモノのターンテーブルが。
やっぱホンモノは迫力あるな。

そしてホンモノの走るSLもあった。

音や匂いや重厚感感じる。
すべてがメカニカルなアナログって感じだった。
多くの人が、いろんなメンテして、準備して、やっと動かせるって感じ。

電気だけで動かすのと違って、深みがあるな。

子どもたちも集まって見てる。
どんな風に感じてるんかなぁ。

博物館の横は、実際に運行されてる路線が。
こんなにいっぱいの線路と架線を見る機会あまりないからつい撮っちゃう。

京都っぽい。

新幹線も見られる!

そんな感じで、京都を満喫。
この鉄道博物館はホンモノが置いてあって迫力がある。
見てると懐かしい気持ちとワクワクが混在。
小さい頃は近所の線路によく見に行ってたし、線路の近くでよく遊んでたし。
今回は観光予定もあるから博物館は急ぎ足で見て回った。
急いで全部ざっと見て回って3時間くらいだったかな。

鉄道好きだともっと楽しいんだろうな。
鉄道博物館だけでだいぶ時間とったし、写真撮っちゃって長くなったので分割!
京都観光その2はまた今度アップします。
鉄道好きだった人や、
鉄道好きな子がいる人は行ってみるといいね。

週末は久しぶりに東京出張してきた。
東京出張のいいところは飛行機に乗れる!
そして普段見られない空からの景色が味わえる。
着陸前には積乱雲のような巨大な曇があり、ヒョウが降るほど荒れた天気だったみたい。
そんな中、隙間から夕日が差し込んで幻想的な景色が瞬間的に見えちゃう。
得した気分♪

帰りの福岡は、街中に空港あるから街明かりの上を飛んで綺麗。

そして、今週末はかなり久しぶりの大阪出張予定。
遊ぶ時間があるか分からないけど、時間があれば観光しようかな。
意外と京都も近いっぽいから、写真を撮り行くのもよさそう。
京都は中学校の修学旅行の時が最後。
そのときは観光に興味なかったら色々移動した記憶しか無い。
大人になった今、見てまわると違って見えるだろうな。
どこかお勧めの観光スポットありますか?

久しぶりにプラモに時間を使った。
今回は世界中で有名なミレニアムファルコン号。
生まれて初めてのバンダイ製プラモだけど、バンダイすごいわ。
想像以上の作り込みで、部品だけでも芸術的。
バンダイの凄さを感じたのは誰でも簡単に作れて、
普通に作るだけでも緻密な感じが出るところ。
老若男女が好きなガンダムプラモ作ってるだけある。
これを設計した人のファルコン号の愛を感じる。

部品はいっぱいだけど、精度いいからポンポン組み立てられる。
といっても、ただ組み立てるだけだと、プラスチックな感じでおもちゃっぽい。
リアルな「銀河最速のガラクタ」を出すにはオンボロ感が必要。

ってことで、丁寧に作りながらも、デカールを削ったり、一部はがしたり。そして、汚す。

汚す。

ちっちゃいフィギュア人形も色を塗る。
ハンソロとチューバッカ。
超小さい(1.5cmくらい)ので細い筆で勘で塗る。
まぁまぁいい感じにできた。

リアルなかっこいいガラクタができた。
手軽にできた割には満足感高い。

う〜ん 満足。

久しぶりに時間が取れたのでプラモ作った。
といっても久しぶりだったので、1/144サイズのちっちゃな半完成モデルのやつ。
最初から塗装もされてるものだったので楽だった。
ただ、部品の精度が悪く、削ったり削ったり削ったりで手間がかかった。
墨入れと汚し塗装をすると、おもちゃ感が減って精密感が出た。
満足。
ほんのちょっとの違いで、出来上がりが全然変わってくる。深いな。

忙しくて、買うけど作れない状態だったので、部屋がプラモ屋さんみたいになってる。
いっぱいあるから次は何を作るか悩むな〜
子供の頃からしたら夢の世界だ(笑)

以前R34GT-Rのトミカをもらったけど、
あまりに作りがショボくて幻滅したことがある。
それから数年してカーズのトミカがあることを知って、つい買ってしまった。
これが凄く作りがいいし、特徴を捉えてるし満足度高い!
ちゃんとガラスケースに入れて飾ってる。
やっぱり作り手がこだわりを持って作っている製品はいいね。

ついでにミッフィーなトミカも♪

その上の棚にはフェラーリとか、90年代の日本全盛時代のWRカーのプラモ。

自分で作りあげたときの満足度はとても高い。
1台作るのにかなり時間をかかっちゃうから、今も未開封のプラモが増え続けてる・・・

男の子が一度は遊んだことあるトミカ。
これはよくできてるなと思う。
カーズのトミカを集めてそう思った。
特徴を捉えてるし、塗装も綺麗だし、文句のつけようが無い。
で、オモチャ屋に行くと、買う気は無いけどちらっとトミカコーナーを見てしまう。
いろいろ展示されてて面白い。
子供向けだからかマニアックなのも多い。

まずはピカチュウカー!?


コマツの対人地雷除去機!?

世の中わからないことだらけ。

[ 上の方に戻る ]