FLAT OUT
Anyway the wind blows...
What's new Car&Driving Column My Profile BBS Links     

What's new

ココは What's new だけど、
別にホームページの更新を書いてないので、
What's new じゃないかも。
てきとーにこのページについてや、
それ以外のことを書いてくのでよろぴく。

おすすめの超激安タイヤ通販 AUTOWAY


久しぶりにプラモ作りを再開した。
タミヤの「レクサスLFA」!
レクサスが本気で作ったスーパーカー。
そしてタミヤもそれを本気でプラモ化した。
まだ作り始めだけど、作った人の思いが伝わってくる。

エンジンも塗装して組み立てるだけでリアルな形状ができあがる。

トランスミッションとアクチュエーターの構造。
実車写真と見比べても、ほぼ同じ。
しかもこれ組み立てたらほぼ見えなくなる。
凄すぎる。

よくできたプラモは作り途中も含めて考えられてる。
組み立てていくと、どういう風に実車が作られてるかがわかる。
このLFAはいいプラモだと思う。

実際に手で触って組み立てることで構造が感覚的に頭へ入ってくる。
プラモの良さは、そういうところだと思う。
最近はプラモ作りする人は減った気がするけど、
意外と脳の活性化にもおすすめ。
ただし、完璧主義になると永遠に完成できないスパイラルに陥る危険性あり。

ガレージに作業場所もつくった。
といってもほぼプラモ作成のための場所。
雨でも晴れでも早朝でも深夜でも、作業できるから便利。
と言っても、作るペースは遅いから一生かけてもゼンブ作り終わらない...

エアコン取り付けたら引きこもれるなぁ

フェラーリが8台増えた・・・
プラモだけど。
タミヤがフェラーリプラモの販売を終了するって情報が。
タミヤ品質のフェラーリ買えなくなるのは困る!
即、持ってなかったやつを買いまくり。
買った後から売り切れ&値上がり始めた。

製作済み2台、未製作の4台を含めると14台所有!
届いて箱を開けて、部品を見て芸術的〜ってわくわくして、そっと閉じる。
実際に作るのはいつになるんだろ・・・
何年か寝かせたら価値あがってそうだな。

1月もおわり。
いつも通り月末更新のサイトです(^_^;

ガレージができて1年以上経った。
で、重い腰をあげて、やっと片付け始めた。
趣味で過ごせるガレージ部屋を作り上げるのが目標。
最初に工具類を壁掛けできるように有孔ボードを取り付けた。
横180cm、高さ90cmのやつ。
取り付けてみると意外といい感じ。

適当に工具をぶら下げるだけでも、なんか雰囲気出る。
気に入った。
そんな感じで、今年ものんびり過ごしていきます。

いつものごとく、あっという間の今年最終日。
でも冷静に振り返ってみるととても密度の濃い1年だった。

印象深いのは20年ぶりくらいに行ったB'zのライブかな。
ワクワクして始まったけど、最初からなんか声が出て無い。
そして3曲目のミエナイチカラでは全然声が出ず歌えてない・・・
観客も心配で楽しめる状況じゃ無い雰囲気。
そして中断のアナウンスが。
たぶん多くの人が中止を覚悟してたと思う。

中断後10分くらいで出てきた。
稲葉さんが「皆さんごめんなさい! このあと蘇るか自分でも自信ない」
「まだ歌いたい。お金を払う価値がないとおもったら言ってほしい」
「もし歌えなかったら、必ずこの埋め合わせはします」
「何処までやれるかは分かりませんが、やらして下さい!」
「出来なくなったら然るべき対応する。貴重な時間を割いて嫌な事とか忘れる為にB’zの音楽聴きに来てくれたのに、心配させてプロ失格ですね」
「ドキュメントを見るように、B'z の生き様を見てください」
↑こんな感じで話した直後、
アカペラで裸足の女神のサビを歌い始めた!
さっきのガラガラ声はなんだったんだ!?
ってくらいの力強い声で。
感動した。これが聴きたかったんだよ。

謝罪して現状を伝え、
来た人の不安を取り、
そして想いを伝える。
そこから実行!
ピンチをチャンスに変えるとはよく言われる言葉だけど、何万人も見てる前で実現する姿。
凄すぎ。

そのまま最後まで歌いきり、不安から歓喜&感動のライブに。
本当のプロの生き様を見た一日だった。

そんな感じで来年も濃い1年を過ごしたいなと。
もちろんER34(ぺろ)もまだまだ乗り続けますよ。
2019年もよろしくです。

出張で名古屋へ。
福岡からだと新幹線か飛行機か悩む距離。
で調べてみるとセントレア空港に面白そうなものができてた!
それが FLIGHT OF DREAMS ってとこ。
なんとボーイング787の実機が置いてある。
出張ついでに行けるなら行く!

というわけで、行ってみた。
中に入ると、存在感たっぷりの飛行機がドーンといる。
平日だからか人少なくてじっくり見まくれる。

プロジェクションマッピングでB787を主役にした演出があったり。

コックピットの中が見られたりする。

普段見られない所から飛行機をまじまじと見られる。

メカ好きにはたまらない主脚。

こんな視点から見られるのはたまらなくイイ。
ついバシバシ撮りまくる。

そして飛行機の翼の下でご飯も食べられる。

やっぱほんとに空を飛んでた実機がそこにある迫力はすごい。

このB787は飛行試験用なので、いろんなテストをした痕跡が残ってる。
エンジンのところにセンサーみたいのがついてたり、
しりもちついたときの保護板を取り付けるところがあったり。
そんな視点で見ても面白い。

ということで、セントレア空港に行くことがあって飛行機好きなら是非おすすめ。

ひさしぶりに車に乗った。
気温も16度と下がり、夏場と違ってエンジン効率があがりかなりパワーアップ!
アクセルを踏み込むと、ターボが効き始め大量の空気とガソリンをエンジンに押し込みパワーがあふれ出る。
体が夏場の感覚のままだったので、予想以上の加速Gで笑顔になってしまった。
やっぱ普通の車で味わえない感覚がたまらん。

今の時代にはマニアックな楽しみ方だけど、車を自由にコントロールするのは楽しい。
最近の車と違ってコンピューター制御されてないから、
自分の操作がダイレクトに影響する。
アクセルも踏んだ分だけエンジンのスロットルが動くし、
もちろんハンドルも、ブレーキも操作した分が動く。
途中にコンピューターが介在しないから全てが自分の操作次第。
なので車との一体感はハンパない。


今売ってくる車はそこら辺を感じさせないように隠されてる感じがして味が無い。
普通に乗れるし普通に走れるし何かあっても自動で制御してくれるから、
誰が運転しても安全だけど無味無臭な感じになってる。
R34はアクセル踏めば、空気を吸い込んで燃やしてそのパワーがタイヤに伝わってる感じが脳みそに伝わってくる感じ。
タイヤ4輪も、どこが滑りそうとか、今踏ん張ってるとかの情報もビシバシ伝わってくる。
ここら辺があると自分自身の体と車が融合した感覚になる。
そうなったときは運転が超楽しい。

それにしても、好きな車に乗って好きな音楽を聴きながら好きな道を走ることができるのは最高の贅沢だな。

今月もあっという間...
いろいろあったけど、レンタルカートのレースに出た。
結果は微妙だけど楽しめたのでOK。
やはり常連で来てる人達は速いわ。

天候は雨。
路面は完全なウェット。
そしてタイヤはスリックタイヤ。
もちろん滑りまくり。

楽しい。

楽しすぎる。
雨だとフルカウンター当てて走れる(笑)
が、これは予選のタイムアタック。
なので滑らせるとタイムダウン...
できるだけ滑らないように走るけど、やっぱり滑る。
難しいけどそこが面白い。
ドリフト好きにグリップで走らせるのは精神的に難しいことは分かった。

その後は、雨がやみ、路面は乾き、全開できるようになった。
で予選レース。

グリッドに並んでのスタート。
ワクワクするわ。
このときのスタートはうまくいって、
2コーナーまでに2台抜いた。
気持ちいいわ。

まぁその後は、徐々に抜かれ、
最終的にはスタートしたときの順になった...
で、決勝には出られなかったけど、
敗者復活戦で何台か抜いたバトルができた。
コーナー立ち上がり時に、走行ラインをクロスして抜けいたときは快感。

タイムアタックもいいけど、
やっぱこういったバトルが楽しいわ。

2回目のタイミングベルト交換が終わった。
タイミングベルトは10年or10万キロで交換が一般的。
1998年式のER34なので、もう20年。
まだまだ乗り続けるので交換。
安心してアクセル踏める。

今は、週末にワインディングドライブしかしてない。
移動のために乗ることがほぼ無い。
楽しむためだけの車。
年間走行も1000キロくらい。
贅沢な趣味になってるなぁ。
ドイツにあるニュルブルクリンクのコースレコードが塗り替えられたと。
1周20km以上のコースで多くの市販車のテストでも使われるサーキット。
自分はこのコースをR33GT-Rのカタログを見て初めて知った。
そして、最近ポルシェ919ハイブリッドEvoってやつが最速タイムを出したと。
5分19秒!

日本車最速のGT-R NISMOで、7分8秒。
これでもかなり速い。

動画見たらわかるけど、異常な速さ。
早送りして見てる感じだし、ゲームの映像みたいにも感じる。
ちょっとでもミスしたら大クラッシュ間違いないスピード感。
狭いコースを300キロとかで走ってるし、250キロまでの加速とかゲームみたい。
ここまで速いと怖すぎるな。

自分は今のER34(ぺろ)で満足です。
いや、もうちょっとパワー欲しいかも...

[ 上の方に戻る ]

現在
かこ
ソノタ

激安タイヤ通販 AUTOWAY

サイト内検索