FLAT OUT
Anyway the wind blows...
What's new Car&Driving Column My Profile BBS Links     

おすすめの超激安タイヤ通販 AUTOWAY


今年もあっという間の年だった。
あまり車の活動ができてなかったけど、
来年はもっと走りまくる予定♪
それ以上にプライベートで色々変化がありそうな感じがする。
今年はもうのんびり過ごすかな。
いつものんびりだけど。
今日は夕日が綺麗で庭から撮った写真を。
真っ赤な雲を通して見える丸い太陽がみるみるうちに山に落ちていく。
自然の壮大さを感じさせてくれる。
そんな感じで、たぶん今年最後の更新だろうな。
みなさんよいお年を。
来年もよろしくです。

というわけで、ぶひんのとこにカーボンツインクラッチを追加。
ぶひん:カーボンツインクラッチ

昨日は2年ぶりの車検に行ってきた。
2年ってのはあっという間だけど、
実際に行ってみると、色々な手順は忘れてた。
といっても、難しいことは全然なかった。

最初は書類手続き。
自賠責の更新したり、お金払ったり、名前書いたり、住所書いたり。
これで15分くらいかな。
あとは、検査ラインに並んで検査するだけ。

フロントガラスに貼ってたアンテナも剥がしたし、
タイヤの溝もばっちしだし、車高も問題無い。
今回は一発でOKかもと期待。
でも検査ってのはドキドキするな。
最初は外装とかの検査。
検査員が「ライトつけて」とか、「ウィンカー出して」とか、
灯火類がちゃんとしてるかチェック。
あとは車高とかタイヤとか見てるみたい。
ドキドキしながら検査員の挙動をリアミラーで見てると、
リアウィングを気にしてた。
前回は、「この羽は純正ですか?」って聞かれたので、
「はい。純正です」(GT-R純正)って答えたら何事もなかった。
今回は、何も聞かれず、メジャーで測りだした...
やう゛ぁい。。。
あの羽取り外すのめんどくさいよ〜
って思ってたら、検査員が運転席まで来た。
「では、ボンネット開けてください」
ほっ おとがめ無し。
それにしても、今回の検査員はじっくり見てた。
エンジンルームも、ライトで照らして奥のほうまでじっくり。
何を見てるんだろ?
不正改造してるとか思ったのかな?
エンジンは至ってノーマルですよ♪
とりあえずなんとか第一段階は通過。
あとはラインに入って、検査。
去年も今年も前にいた車はFitだな。

最初はサイドスリップや、ブレーキや、速度メーターの検査。
今回はアライメントでトー調整は全部0度でやってたから、
問題無く通過。
でも40キロまで出して、ボタンを押す検査があるけど、
ここでちょいと失敗。
1速に入れアクセル踏んでも速度メータが上がらない。
あれっ?っておもったら、「SLIP」ってランプがピカピカしてる。
トラクションコントロールをオフにし忘れてて、
アクセルを閉じられてたみたい。
んで、一度停止して、トラコンをオフに。
これで問題無く40キロまで出て、スイッチオン!
OK

次は、ハイビームの光軸チェック。
これは指定の位置まで進み、ライトオンしてたら、自動で検査が始まる。
ドキドキしながら検査結果を待つ。
前回は問題無かったし、それからいじってないので大丈夫だろう。
まずは右ライト。
10秒くらいして ○とでた。
ほっ
次は左
10秒くらいして ×とでた。
ゴシゴシ
あれ?なんで?
「下」と「×」ってランプが点灯。
ちょっと下向いてるのかな?
まぁいいや。

とりあえず次へ。
次は下回り検査。
これは検査員が下回りをチェックするだけ。
エンジンを止めて、指示通りにハンドルを動かしたり、
ブレーキ踏んだり、クラッチ踏んだり、サイドブレーキ踏んだり。
問題無く通過。
ハイキャスのタイロッドエンド部のブーツの破れは、車検では関係ないみたい。

次は恐怖の排ガス検査。
前回は3回も行った検査。
今回はどうだろ?
ドキドキしながらマフラーにプローブを突っ込む。
あら?
HC(炭化水素)は×
CO(一酸化炭素)も×...
駄目じゃん。
前回より悪くなってる。

とりあえず駐車場に戻り対策。
ライトの光軸は、調整したこと無かったけど、
親切に下向きにずれてるって表示されてたの、自分でやってみることに。
整備要領書を見てみる。
ふむふむ。ここを右に回せば上向きになるのか。
って、ギアみたいな形状だけど、どうやって回すんだろ?
プラスドライバーをギアみたいなところに刺して回してみる。
空回り。
う〜んよくわからん。
六角になってる部分があったから、ここをレンチで回すのかな?
でもレンチ入りにくい場所だな。
とりあえず手で回してみよ。
手でも回った♪
右にクルクル。
ライト点灯させて調整したけど、動いてるかよく分からない。
数回転回したかな。
どれくらい上げたらいいのか分からないので、
これで検査ラインでもう一回トライすることにする。

問題は排ガスだな。
とりあえず、悪友から聞いてた空気を吸わせるってやつをやってみる。
室内にブーストコントローラがあって、圧を測るための吸気のホースが来てる。
これをチョメチョメ。
あとは、おまけでパワーFCでアイドリング域のガソリン噴射量を減らす。
そしてO2センサのフィードバックをオフにしてみた。
これで、HC、CO共に減るはず。

ラインに並び、光軸チェックまで一気に進む。
ドキドキ検査。
右側はもちろんOK。
左側。
ドキドキ
結果が出るまでの時間がはてしなく長い。
結果
OK!
初めての調整&勘で調整で合格するとなんか嬉しい。

次は悪魔の排ガス検査
触媒を温めるためにアクセルをふかし、
5000回転くらいでブンブン回す。
うるさいけど、この際しょうがない。
数秒回して、暖めた。
そしてドキドキしながらプローブを突っ込む。
結果
OK!

今回は2回のチャレンジで通った♪
大満足。
って、最近の車だったらだいたい一発OKなのかな?

今回の費用
自賠責保険: 22,470円
自動車重量税: 37,800円
検査手数料: 1,800円
用紙代: 50円
合計 62,120円
自賠責がかなり値下がりしてて(事故が減った?)、かなり安くすんだ。
大満足だな。
それにしても、検査されて合否が出るってのは、
小心者にはドキドキするな〜

今日で車検準備が完了。
タイヤの残量が微妙だったので、
野口さんに借り、交換完了。
前後ホイールが違って、ドリ車みたいに♪
長らく換えてなかったオイルも交換。
アストロプロダクツのラダーレールがあるだけで、
オイル交換がかなり楽になった。
ジャッキアップせずに下に潜り込める。
アストロプロダクツは安くていいのが色々あるからお勧め。
オイル交換はいつも通りドレンボルトを緩める。
力が入りにくいけどがんばった。
すると、ゆるんだ勢いでアスファルトに手をぶつけ怪我した。
軍手してたけど痛い。
怪我して血が出るなんて何年ぶりだろ。
まぁあとは無事に車検に通ることで万事OK

というわけで、ぶひんのとこにフロントパイプを追加。
ぶひん:デュアルフロントパイプ

2週間前になっちゃうけど、
パイプオルガンのコンサートに行ってきた。
数年ぶりのオルガンの音はよかった。
生で聴くのは違う。
パイプに送風してそこから音が鳴る。
単純な仕組みだけど、
それが何千本もありハーモニーになってる。

実はパイプオルガンは色んな音が鳴らせる。
ホール全体が響くような激しい音から、
眠たくなるような優しい音まで。
音色もトランペットのような音からフルートの音まで幅広くある。
仕組みは単純で、
その音色専用のパイプがあるらしい。
一つの音で一つのパイプ。
色んな音で幅広い音域をそろえることで、
何千本ものパイプになってる。
う〜ん 単純で力業。
色んな音のパイプを同時にならすことで新しい音もできる。
そういうのを組み合わせて、演奏してる。
途中、奏者と別に2人がついて、音色をかえる操作をしてた。
一つの楽器を3人がかりで弾くとは驚き。
そんな感じで、ますますパイプオルガンが好きになった。

免許をとってからずーっと
エンジンを掛けるときはクラッチを踏んでた。
理由は、
セルモータの負担を減らすため(ミッション内まで回さなくていい)と
安全のため(ギアが入っていても動かない)。
まぁ最近のマニュアル車は
強制的にクラッチ踏んでないとエンジン掛からないみたいだけど。
で、いろいろ知っていくうちに、
エンジンのためには実はクラッチを踏まずにエンジンを掛ける方がいいのでは?
という気になってきた。
理由は、エンジン内にあるクランクシャフトの軸方向を支える
スラストベアリングってやつへの負荷。
クラッチを踏むとクランクが引っ張られる(プル式の場合)。
エンジンを掛けるときは、
オイルがオイルパンに落ちきっていて、
その状態でエンジンを掛けると、
スラストベアリングとクランクが擦れ摩耗していく。

というわけで、
エンジンはクラッチを踏まずに掛けるようにかえた。

そうしたのもクラッチ交換する予定もあったから。
一応強化クラッチになるので、
さらにクランクを引っ張る力が強くなるはず。
なので、交換前にクセをなおすようにした。
今ではニュートラル確認後、
クラッチを踏まずにエンジンを掛けられるようになった。

人間のアジャストが完了し、
とうとうクラッチ交換も完了。
今はクラッチの慣らし中。
最初はジャダーが出て発進しにくかったけど、
今ではノーマルと変わらない感じ。
空ぶかしの吹け上がりはノーマルとは別物。
いつか比較動画をアップしようかな。

11月は恒例の築城基地での航空祭。
年々内容が寂しくなってきてる感じがするけど、
戦闘機の迫力ある飛行は圧倒される。
航空祭の前日は、
本番と同じ内容で練習する。
基地の中には入れないけど間近で飛ぶ飛行機を見れられていい感じ。
上の写真はその練習時の。
こんな風に自由に空を飛びたい。
そんな航空祭に野口さんと行ってきた。


迫力ある音と飛行を楽しみ、満足度が上がった。
でも寒さに耐えられず、早めに切り上げた。
帰って家からブルーインパルスの飛行を観た。
あれ?なぜかスケジュールに書いてた時間より1時間も早く始まってる。
その後ニュースで、F-15戦闘機の尾翼の一部が落ちたとやってた。
それでその前の飛行が中止で前倒しになったのか〜って思った。

んで何気なく撮った写真を見てた。
これがF-15。
一機、約100億円。

大柄な飛行機だけど、動きは機敏でパワフルで、迫力ある飛行をする。
これはアフターバーナーを焚いて旋回中。
かっこえ〜
そしてその2秒後の写真がこれ↓

左の水平尾翼が欠けてる...
ニュースで言ってたのはこれか。
実際に生で見てたけど全然気づかなかった。
カメラって肉眼よりよく見えてるもんだな。
でもなんでこんなところが折れちゃったんだろ?
形状的に応力集中が起きやすいところだけど謎だな。
人のいるとこに落ちなくてよかったな。

映画館でマイケルが見られるのは今日が最後。
どうしてもまた観くなり、
昨日行ってきた。
今日は最終日だし、金曜日で多いだろうって思ったから。
仕事から帰り、ネットでチケット購入し、急いでご飯を食べ映画館へ。

館内に入ると、満席!?
映画館で満席なんて、小学生の時以来の経験だ。
特に最近はどの映画でも、ガラガラが普通なのに。
驚いた。
照明が暗くなり始まった。
やっぱりいい!
鳥肌立ちっぱなし。
何度見てもいい。
JAMなんてかっこよすぎる。
マイケルは本物のエンターテイナーなんだな。
完璧のステージを目指して作り上げていく自然体のマイケルがかっこいい。
自分が観たマイケル最後のHISTORYってワールドツアーのライブも、
こんな風に作られてのかと思うと、感慨深い。
実際、そのときのライブも始まりから最後までいろんなところで凝ってた。
開演時間になっても始まらず、
30分送れますって放送が。
それから「20分前です」 「10分前です」って放送が流れてた。
この遅れもマイケルの焦らす演出だったのかも。
そして5分前の放送のときに音声が乱れてCGの映像が始まった。
そこからステージにはロケットが現れ、黄金のマイケルが出てきた。
その後は、マイケルの超絶パフォーマンスの嵐。
このライブのミュンヘンでやったやつをWOWOWで12月に放送するらしいけど、
WOWOW観られない...
10年以上くらい前に同じくWOWOWで同じミュンヘンのライブをやってて、
知り合いにビデオを撮ってもらってたけど、なぜか最後の方で途切れてた...
このライブも正規版でDVD出ないかな〜

明日はとうとうクラッチ交換♪

最近ちょっとだけ写真集にハマってる。
と言っても買ったのは2冊だけど。

一つ目は「FULL MOON」ってやつで、
アポロ計画の時に撮られた写真を元に作られた写真集。

そしてもう一つが、
アメリカの核実験の時に撮られた写真を元にした「100 Suns」って写真集。
100枚の写真で構成されてる。
武器としての核爆発は恐ろしい。
本当に大量殺戮兵器。
でも爆発としてみると芸術的だと思う。
爆発の威力を突き詰めていった結果がこの写真集に写ってる。
まさに人が作り出した地上での太陽。
人類を滅ぼせる明かりを自ら作り出した矛盾。
写真は現実に行われた核実験を写してるけど、
なんか非現実に感じる。


大きくて重くて分厚いこの写真集の裏表紙には$49って書いてる。
でも30円で買えた。送料込みで360円♪
しかも新品。
Amazonで買ったけど、普通は4、5千円する。
でも値段の下に30円から買えますってあって、
実際にマーケットプレイスってとこで新品を30円で出してる海外のお店があった。
安すぎて逆に不安になったけど、
届かなくても30円だったらいっか的に即注文。
で、2週間ほどで届いた。
かなり大きな袋で。
う〜ん これで30円か〜
でも何で30円なんだろう?
在庫がありすぎて処分したいにしても30円って値段はあり得ない。
もしかして海外のお店だから$30と¥30を付け間違えたのかも。
それなら納得。
正規の値段だったら買わなかっただろうな〜
得したな。

という感じで、ステアリングマウントのブッシュ交換のとこを作成。
メンテナンス:ステアリングマウントのブッシュ交換
AMG
昨日は通勤30分の間にレクサスLS600h(1000万円以上)を2台を見た。
こんな田舎でも2台も見るとは、高級車って意外と売れてるんだな〜
んで、会社に着くと、
普段は4ドアの普通っぽいベンツがとまってるところに
見慣れない別のベンツが。
なんか格好よくて高級そうなシルエット。
なんだこれは!?
2ドアのオープンでAMGってベンツの高級スポーツブランドのSL63って車が...
目が点に。
この車は2000万円!!
525馬力、トルク64kgm!
こんな田舎にこんな車がとまってるとは。
う〜ん
意味不明
それにしても楽しそうな車だ。
一度運転してみたいな。
紅葉内のドライブ
週一で仕事の移動で車に乗ることがあるけど、
途中には八木山峠って山道がある。
この道は楽しいんだけど、昼間は交通量が多く、重そうなトラックも多い。
なので、たまに横道にそれて楽しく快適な道を選ぶ。
横道はほとんど車が通らないので快適。
それに景色もいい。
今は紅葉が始まってていい雰囲気。
途中、滝があるのでちょっと車を止めて見物。
ドライブ中の滝
この後、気持ちよく田舎な感じでのどかな道を通って、
山道を抜けて仕事場に着いた。
やっぱり運転して楽しい車だと、遠くまで乗りたくなるもんだ。

という感じで、最近の流行に合わせて、このサイトのフォントを変更しました。
Windows Vistaとか7とかだと柔らかい感じのフォントになったはず。
Windows XPでも「メイリオ」ってフォントを入れてたら変わるはず。
THIS IS IT
前売り券を買って一ヶ月。
待ちくたびれたが、
とうとうマイケルのドキュメンタリー映画「THIS IS IT」を先週の金曜日に観た。
レイトショーで。前売り券の方が値段が高いぞ...
その日のお昼くらいに、弟から「マイケルかっこよかったよ〜」ってメールが。
くそ〜自分より先に見やがって〜
一番に観て自慢したかったのに。
で、映画が始まるちょっと前に親から電話がかかってきた。
「今観てきた。マイケルよかったよ〜泣きそうになった」って。
おいおぃ、家族で一番遅く観たのが自分だった。
ちょっと悔しい。

最近の映画としては人が多く入ってた。
時間になりワクワク。CMが始まる。
CMが長い...
15分間もCMだった...
やっと始まると、初めて見るマイケルにワクワクどきどき。
持ってたポップコーンを食べる手が止まり真剣に。
なんだこれは。
かっこよすぎる。
マイケルは弱ってるとか、
もう歌えないとか言ってたマスコミはやっぱり嘘つきだと感じた。
このライブが実現できてたら凄かっただろうな。
自分が見に行ったときより、全てが進化してた。
リハーサル映像でも十分伝わってくる。
これほどエネルギーが満ちあふれてる人はそんなにいないぞ。
50歳の体型じゃないし、動きじゃない。
音楽の才能が溢れてて、有無を言わさず周りを納得させるパワーがある。

この映画は2週間限定って言ってたけど、さらに2週間延長らしい。
もう一回観たい。
DVD早くでないかな〜
この映画はファンなら観るべき。
ファンじゃなくてもちょっと曲を知ってるって程度でもいいかも。
近所のファンじゃないおばちゃんも見に行って、よかったって言ってた。

この人はもういないってのは何ともいえない気持ちになる。
マイケルの生きてた時代を過ごせただけでもラッキーだったのかもしれないな。
R34GT-Rプラモ
高校生のときくらいから車好きになっていったけど、
このころは、GT-Rに憧れてたな〜
ディーラーに行ってはGT-Rのカタログをもらって、
穴が空くほど見てた。
いつかは手に入れるぞ〜って思ってた。
R34GT-Rが出たときは、試乗しに馴染みのディーラーまで行った。
と言っても買えるはずもないので、乗りに行っただけ。
初めて運転したGT-Rはドキドキだったな〜
こんなペーペーの自分がこんなすごい車を運転してもいいのか?って気持ちで乗り込んだ。
アクセルベタ踏みして驚いた。いろんな意味で。
3速に入れてたけど、思ったより普通。
というか自分のHR33(2000ccのNA)の方がもうちょっと加速する気がする。
と、3500回転になった途端、怒濤の加速が始まった。
わぁおシートにめり込む〜
初めて味わうターボの加速感に驚きすぐにアクセルを緩めてしまう。
自分の車とは全然違う。世の中にはこんな車が存在するのか〜って思った。
それがGT-Rの初試乗だった。
その後、HR33スカイラインで走りまくり、
ER34スカイラインでいじったり走ったりしてGT-Rに対しての気持ちは全く変わった。
色々知識や経験が増すごとに、GT-Rのあこがれは消えていった。
まず4WDってのに否定的になった。
まずそれでいらねって思っちゃう。
やっぱりFRがちょうどいい。
シンプルな構造でメンテしやすく、
維持費も安く、
運転が楽しい。
今では、お金があってもGT-Rいらねって気持ち。
R35GT-Rは運転してみたいけど...
R35の軽量FRバージョンがあれば最高に楽しそう。
自分の乗り方やいじり方には、ER34がちょうどいい。
というわけで、まだまだER34乗り続けます。
今はリフレッシュしながら、運転が楽しくなるレスポンスアップをめざし中。

まぁそんな感じで、スタビブッシュの交換のとこを更新。
メンテナンス:フロントスタビのブッシュ交換
デフオイル交換
日曜日は、久々のデフオイル交換をしてきた。
いつもは、行きつけのお店でやってたけど、
そのお店が閉店(移転?)してできなかった...
しょうがなく、DIYでデフオイル交換することに。
やり方は難しくはないけど、車を上げたりとちょっと面倒。
さらに、デフオイルは、上部から入れるエンジンオイルと違って、
横の穴から入れる感じ。
そのための専用のオイルを入れる大きな注射器みたいな道具があるけど、
そんなもの持ってないので、
DIYアドバイザーの野口さんに相談。
すると「そんなの灯油ポンプでいいよ」と。
半信半疑ながら90円の灯油ポンプを買って、野口さんちへGO。
車をあげて、交換作業。
灯油ポンプでシュポシュポ。
おぉぉぉ。
簡単に入っていく。
こりゃいい。
というわけでデフオイル交換は、灯油ポンプでOKです。
これはミッションオイル交換もいけそう。
野口さんありがと〜

ついでに?フロントスタビのブッシュ交換と、
ステアリングマウントブッシュ交換もやった。
これが意外と大変だった。
徐々に新車の乗り味に近づいていっている。はず。
稲刈り田んぼ
山道を運転してたり、
コンビニまで歩いていったりすると
キンモクセイの香りがする。
朝とか夕方は寒くなり、
半袖通勤も終わり。
いつの間にか秋から冬へ移行していってる感じ。
季節の変わり目のこんな雰囲気好き。
田んぼもいつの間にか稲刈りが終わり、
子供達の遊び場に... なってないな。
最近は外で遊ぶ子供を見ないな〜
今の子供達は何をして遊んでるんだろ?
自分が小さい頃は、
田んぼで走り回ったり、
凧を作って上げたり、
土管でできた秘密基地を作ったり、
泥まみれになって遊んでたな〜
漫画「20世紀少年」の子供の頃と雰囲気と似てるな。

そんな過ごしやすい秋の季節は、車いじりしやすい季節。
なので明日はデフオイル交換作業。
ついでにフロントスタビブッシュ交換かな。

パイプオルガンの音を
数年ぶりに聴ける♪
パイプオルガンの音はとても好きだけど、
なかなか生で聴ける機会がない。

北九州のパイプオルガンといえば、
九州厚生年金会館。
いつのまにか、「ウェルシティ小倉」って名前が変わってるみたいだけど。
小さい頃に行ったときからそこのパイプオルガンは印象的だった。
(詳細は→むかし日記 - 南こうせつを見たこと
んで、ここでいつパイプオルガンコンサートがあるか、
ずっと監視していたら12月にあることを発見!
チケットもすぐに手に入れた。
「トッカータとフーガ」を生で聴けるのはかなり楽しみ。

昨日は久々にスカイラインのオフ会に行ってきた。
今回はスカイラインだけの集まりってことで、
台数はいつもより少なめ。
といっても20数台。
相変わらず顔と名前と車が一致しない♪
北九州から、耶馬溪までスカイラインツーリング。
天気がかなりよかったので、日に焼けてヒリヒリする。
休日のスカイラインオフを満喫したとさ。

という感じで、オフ会前の洗車したときのついで作業を更新。
メンテナンス:Bピラーカバーの劣化
マイケルチケット
マイケルジャクソンの映画(ドキュメンタリー)が来月公開される。
本当は、7月に行われる予定だった「THIS IS IT」って
ライブのリハーサル映像などで構成されているらしい。
マイケルが金儲け?に使われるのは嫌だけど、見ておきたい。
で、前売り券を買った。
映画の前売り券を買うなんて十数年(前回買ったのはインディペンデンスデイ)ぶり。
楽しみだ。


という感じで、久しぶりの更新。
メンテナンス:リアスタビのブッシュ交換
持ち上げER34
今日は休日らしく過ごした♪
昼頃、彼女とサイクリングロードへGo。
といっても自転車を持ってないので、レンタルサイクル。
2時間200円。安い!
河内貯水池という広い水たまりの周囲にあるサイクリングロードを1周(6.9km)した。
数年ぶりに乗る自転車は楽しい!
進むと自然と前から風があたり、心地よい涼しさを感じる。
途中、九州民芸村に寄ったり、バドミントンしたり、
自然の中をのんびり1周して満足。
久しぶりにいい運動になった。
明日は筋肉痛だな。

そして家に帰り、久々の車いじり。
ER34新車乗り味復活プランの一つ。
スタビライザーのブッシュ交換。
今回はリアだけ。
同時に色々換えると、どの効果で変化したのかがわからなくなるので、
ちょっとずつ換えていく予定。
始めたのは夕方5時...
のんびり作業で有名な自分としては、無謀な開始時間。
まぁそんなに難しくない作業だろうと、
のんびり作業。
まずは車を持ち上げる。毎回これが大変だな。
苦労して持ち上げたら、雨が降り出した...
無視して続行。
で、全部で1時間半くらいで作業完了。
自分としては上出来。
慣れてる人なら30分くらいで終わるんだろうな。
交換したのは、リアのスタビライザーのマウント部分のブッシュと、スタビリンクのブッシュ。
10年以上経ってる車なので、
ゴム製のブッシュは劣化し、硬化して変形してる。
新旧比較
そしてスタビライザー自体も動きが渋かった。
リンクを外して手で動かしてみたけど、力を入れないと動かなかった。
交換後は、手を離すと重力だけで動いちゃう。
手で動かしてもかなり滑らかに動く。
これでスタビライザが100%の効力を発揮するはず。
交換後、ちょっと試乗した感じで体感できたのは、
今までスタビが動くたびにキュッキュッ鳴ってたのが消えた♪
これを消したいってのが一番の目的だったので、達成。
その他は、まだよくわからない。
乗り心地が気持ちゴツゴツ感が減って、まろやかになった気もするし、
リアが粘るようになった気もする。
なんにしても、全体を通して新車の足回り復活化することで、
色々な不満点が消えていくはず。
次はフロントのスタビブッシュかな〜
ミュンヘン
先週は、海外旅行に行ってきた♪
場所はドイツのミュンヘン。
2度目のヨーロッパ。
そして2度目のドイツ。
彼女の学会発表があるのでそれについてきた。
自分はフルに観光♪

こっちでは雰囲気がよく治安もよく景色もよかった。
旅路は福岡空港→関空→ドバイ空港(乗り換え)→ミュンヘンって流れ。
さすがにヨーロッパは遠いね。
今回使ったエミレーツ航空は意外といい。
シートにコンセントもついてるし、
個別についてるエンターテイメント用の画面は大きいし。
快適だった。

高級車クジ
ドバイ空港は、やはりバブリーな感じが少しする。
1/2000の確率でランボルギーニが当たるクジ(2万円くらい)もあるし。
空港の時計は全部ROLEXだし、
数百円の品物の横に数万円の品物があったり、
500万円もする時計がさりげなく展示されてたり、
旧式(20年前くらい)の炊飯器が売ってたり...
変なとこ。
空から見たドバイは、茶色。
砂漠に人工的に作られた街って感じ。
砂漠のドバイ

ドイツに着くと、
なんか懐かしく感じる景色。
空から見たドイツは緑。
そして、茶色い屋根の建物がポツポツある感じ。
緑のドイツ
ドバイと全然違うな。
空港からミュンヘンまで電車で移動。
滞在の数日間はのんびり観光♪
街並みを観光したり、博物館に行ったり、
ビール飲んだり、ソーセージ食べたりと楽しみまくり。
他にも宮殿に行って広さ豪華さに驚いたり、
レジデンツ
ディズニーランドのシンデレラ城のモデルにもなってると言われる、
ノイシュヴァンシュタイン城にも行き、景観に感激。
ノイシュヴァンシュタイン城
楽しくのんびりドイツを存分に味わえた旅行だった。
ミュンヘンは治安もよくお勧めなところだな。
入道雲
最近は晴れていることが多く、
通勤中に窓から見える空が綺麗。
空には雲が浮いてて、いろんな表情をしてる。
暑い日に入道雲を見ると、夏だ〜って感じる。
そしてモクモクした分厚い雲に見入ってしまう。
そんな雲たちを写真に撮ろうとするけど、
いつも失敗。
いい感じで見える場所でも、電線があちらこちらにあって邪魔だったりする。
理想的な入道雲を見つけて、撮ろうとカメラを取りに行って戻ると、全然違う形になってる。
雲の動きはゆっくりなイメージだけど、
意外と激しく動いてる。
涼しくなったらのんびり空を見て過ごすのもいいかも。
いつも感じるけど自然ってのは凄いけど、人間ってちっこいな〜
プレオフ会
昨日はオフ会の打ち合わせオフ会を夕方に福岡で。
スカイラインがちょっとでも集まると迫力あるな〜
で、その帰りは、高速を使わず山道へ。
オーバーレブって車漫画を読んだあとで、久しぶりに山道を走りたくなったから。
最初は犬鳴峠を通って帰ろうかと思ったけど、
「幽霊が出るかもよ〜」って言われたので怖くなってやめた。
なので、走り慣れてる八木山峠へ。
やっぱり山道を走るのは楽しい。
昔毎日のように走りに行ってた頃を思い出した。
フル加速してブレーキングしてコーナリング。
かなり楽しい。
それにしても、リアタイヤは海外製激安タイヤ(2本で1万円強)なのにグリップしまくり。
滑ってもすぐにグリップ回復。
立ち上がりでアクセルベタ踏みしても、全く滑らない。
楽ちんだ。
ラフに操作してもオンザレールで走る。
面白味はないけどこれはこれで楽しい。
グリップ走行も楽しい。
楽しかったので、下りきったあとUターンして、
また上まで駆け上り、
また駆け下りてきた。

というわけで、この前やったLLC交換を追加
メンテナンス:LLC交換
空中4輪
噂では聞いたことあったけど、トラックの車輪が浮いてるのをこの前初めて見た(上の写真)
写真じゃわかりにくいけど、後輪の3つのうち前2つが浮いてる。
この機構は、タイヤをリフトさせることで高速代を安くするのが目的らしい。
高速代は、車の大きさと車軸の数で決まるらしく、
積載している荷物が少ない(軽い)場合は、
車輪を浮かせて高速代を安くできるらしい。
いろいろ考えるもんだなと感心。
高速代以外にも、タイヤの面圧があがるから、雨や雪の日にも滑りにくくなるとか、
タイヤコストが減るとか、
抵抗が減って燃費向上とか、
いろいろ効果が言われてるみたい。
だけど、高速道路が無料化になった場合でも、
高いお金を払ってこの装置を取り付ける人が、
どれくらいいるかでどれほどの効果があるかがわかるな。
誰も取り付けなくなったりして...
トラック業界のことは全然知らないけど、
実質高速料金を安くするための装置だと思う。

というわけで、この前取り付けたエアクリーナーを追加
HPI むき出しエアクリ
アライメント調整
昨日はかなり久しぶりの車いじり♪
場所はいつもの野口ガレージ。
内容は、アライメント調整とLLC交換。
1年半前の車検時にサイドスリップがひっかかり、
その場の調整で乗り切った影響で、
ハンドルがまっすぐだと車が真っ直ぐに走らない状態だった。
で、やっとアライメント調整。
スカイラインはノーマルの足回りだと
キャンバー(タイヤの垂直面の傾き)はいじれない(リアはほんの少しいじれる)
なので、トー(進行方向に対しての傾き)だけの調整。
まずは右側から確認。
リアのトーは0度。
フロントは、インに1度くらいの傾き。
これを0度にした。
アライメント調整
次は左側。
測定すると、前後共に0度。調整不要。バッチグー。
というわけで、右フロントだけズレてたので真っ直ぐ走らなかったわけだ。

次はLLC交換。
これは初めての作業なので、
野口さんに教えてもらいながら。
内容自体は簡単だったけど、
古いLLCの排出とか、すすぎとか、エア抜きとかに時間がかかった。
LLC交換

んで、なぜかHPI製のエアクリをゲット(野口さんありがとう!)
吸気系はいじる気なかったけど、
なぜか流れでエアクリむき出し化に。
LLCタンクを外すついでに、純正エアクリも外す。
エアクリに付いてるエアフロを外し、
新しいエアクリを装着。
ホームセンターでステーを買ってきて加工して、取り付け。
なんかちょっとレーシーな雰囲気になった。
エアクリむき出し化
パワーFCの設定を変え、むき出しエアクリ対応にセット。
LLCエア抜きのためのドライブ時にアクセル踏んでみると、
シュゴーって吸気音が聞こえるようになった。
純正は全く音が聞こえなかったので、超変化した。
パワーに関しては体感不能。
ちゃんと測れば数%はパワーアップしてるかも。
自分の場合は大きく変わらないと体感できないので、
これはサウンドチューンかな。
でもブーストがかかり、空気をがんがん吸い始めると、
吸気音がかなり大きくなるため、
それだけでかなりパワーアップした気になる。
アクセルを踏みすぎちゃいそう...

ミニラジコンヘリ
作業後、ガレージ内にあった流行のラジコンヘリを操縦させてもらった。
よくできてるおもちゃだけど、操縦はかなり難しい。
ドリフトより難しい。難しいと燃える。
ちょっと欲しくなってしまった。
1日つきあってくれた野口さんありがとうです。
野口さんの庭いじりの時間をつぶしちゃってすみません。
YRサーキット1コーナー
久しぶりに頭文字Dのアニメを見た。
1ステージ〜4ステージまで全部。
なかなか面白かった。
車でのいろんな楽しさをいい感じで表現してると思う。
車のおかげでいろいろ経験できた自分の学生時代を思い出した。

でもアニメのシーンでタバコのポイ捨てを普通にやってるのは嫌だったな。
そのシーンがあるだけで幻滅...
内容がいいだけにもったいない。

一つ気になったのが、
アクセルワークのトレーニングについて
「アクセルの開度(踏み具合)が5段階から、理想は倍の10段階まで増やす」
って言ってた。
ここでかなりの???が。

10段階って少なくない!?
普通にトレーニングしなくても100段階くらいで操作してるんじゃないか?
というか連続的な無段階で操作してる気がする。
そもそも5段階くらいのアクセルワークで、あのドリフトができるとは思えない。
そんなラフな操作なら、ドリフト中はハンドルの修正操作で忙しいのでは?
なにより美しいドリフトにはならない...
謎だ。

MFD
自分の車にはMFDがついてて、
アクセル開度も0〜100%で表示(↑のTHROTTLEってやつ)されるから、
どれくらい踏んでるか明確にわかる。
町乗りではだいたい0〜20%の範囲で操作してる。
そして表示されない精度の1%の範囲内でも操作してる。
たとえばアクセル開度10%で走ってるときに、
ほんのちょっと踏んで超微加速になったときでも、表示上は10%のまま。
もうちょっと踏むと11%になる。
そんな感じで町乗りでもかなり細かい操作になってる。
普通に運転してる人はそんなもんだと思う。
5段階での操作だと、町乗りもギクシャクだな。速度一定で走るのも難しいと思う。
峠全開で走るときは、直線は0か100の2段階でもまぁいいと思う。
でもハイパワー車や、安いタイヤだったり、雨だったりするだけで、
フル加速するのもかなり細かい操作がいる。
最近のスタビリティコントロール付きの車だったら、
車が自動で安定に操作してくれるから、アクセル踏んでるだけで全開加速しちゃうけど。
カーブだと、最低30段階くらいないと速くは走れない気がする。
う〜ん
10段階ってのは運転技術の高い人の発言としては謎だな。
自分が何か勘違いしてるかな?
そうだったら誰か指摘お願いします。

それにしてもイニシャルDみたいに車線をはみだしての走行はいかんですよ。
ドリフトするにしてもキッチリ車線内だけでやりましょう♪
青空雲
梅雨が明け、
綺麗な青空が。
真っ青な空に、白い雲。
通勤も気持ちいい。
すがすがしい気持ちになる。

と思てったら、
日本通運の引っ越しトラックが危険な無理矢理の割り込み...
さらに、異常に真っ黒な黒煙をモクモク...
黒煙トラック
いい気持ちのドライブも悲しい気持ちに。
引っ越しするときは日通は使わないことに決定。

仕事も終わった夕方には、
高いとこの雲と低いとこの雲と夕日が織りなす景色に圧倒される。
夕方雲空
空がある生活ってのはいいもんだ。
サビサビブレーキ
もう8月だ。
さっきまで今日は7月3日と思ってた...
早いな〜

先月は自動車保険の更新をした。
自動車保険は年齢と等級が上がるにつれて安くなっていく。
自分の場合、最初は毎月1万2千円程度払ってた。
年間14万円だな。高いな。
安月給の自分には高く、
不思議に感じてた自動車保険を見直してみることに。
ネットで色々見積もりすると、かなり安い!
同じ条件(車両保険付き)でも、4割くらい安い。
驚いた。今まで払ってたのは何だったんだ!?
で別の保険会社に。
これで年間8万5千円になった。
次の年の更新時期にも、いろいろ見積もってみると、
同じ保険会社で継続するより、
他の保険会社に乗り換える方が安くなった。
これで年間7万5千円。
んで今年もいろいろ見積もってみると、
今と別の保険会社で、同じ条件で5万5千円になるっぽい...
安すぎる!
でも評判を見てみると、事故の際の対応があまりよくないっぽい。
で、いろいろ考慮した結果、去年と同じ保険会社にした。
去年と同じ保険会社でも、6万4千円になった。

やっぱり、保険は毎年見直すのがいいみたい。
ゴールド免許だと安くなる会社もあるし、
ゴールドじゃなくても安くなる会社もあるし、
車種や、景気とかいろいろな要因で保険料は左右されるみたい。

で毎年使ってる、おすすめの見積もりサイト。
無料で20社の見積りがとれるサービス
見積もりするだけで500円のマック券がもらえる♪
毎年マック券をもらってる。
500円マックカードプレゼント付 自動車保険見直しキャンペーン
読めないCAPTCHA
ネットをよく使う人は知ってると思うけど、
掲示板への書き込みや、会員登録するときとかに、
画像の文字と同じ文字を入力してくださいみたいなのがある。
コンピュータを使って無人で大量に広告を書き込んだり、
会員登録したりされるのを防ぐため。
この仕組みはCAPTCHA(キャプチャ)っていわれてる。
このCAPTCHAの画像に書かれる文字は、
人間には読めて、コンピュータで読み取りにくいように工夫されてる。
歪んだ文字だったり、背景と文字に似たような色を使ったり、ノイズを入れたり。
人間には読むことができるけど、コンピュータだと読めないってのが一番いい。
でも、たまに人間でも読めね〜ってのに出会う。
Googleの会員登録時にでてきたやつ。
はっきり言って一発では読めない。
上の画像の入力では、案の定「違います」と言われた。
もうちょっと人間に優しくして欲しい...
部分日食
この前の22日、部分日食があった。
9割も欠ける日食は初めてだったので楽しみにしてた。
仕事中だったけど、みんなで外に出て見てた。
曇り空で見えるか不安状態。
でも途中の雲の切れ間で、見えた!
なんとか写真を撮ろうと音楽CDをフィルター代わりに撮影。
苦労して撮れた。
最大に欠けた頃には、辺りは薄暗い。
ここまで暗くなるとは思わなかった。
それにしても自然の演出のすばらしさと、
太陽のすさまじいエネルギーを改めて感じた。

で、今日は大雨。
帰宅時に車へ乗り込むときは、
「雨だ〜わ〜いドリフト♪」って気分だったけど、
途中で、「これはやヴァいかも」という気分に変更。
いつも帰る道は、途中冠水で、車が水没してて通行不可...
水没車がいなかったら、自分も突っ込んでたかも...
Uターンして、大きな道へ戻る。
それでも大雨。
川は徐々に水かさを増してる。
大きな国道に出た。
それでも路肩は冠水...
とりあえず安全運転重視で、神経ピリピリ。
大雨国道
途中タイヤの半分くらい水につかるところがあって、
マフラーから水が入らないように、1速でエンジンを回しながら追加。
川の中を走ってる感じ。
緊張感たっぷり。多分一度停止したら再始動不可だったな。
そんなこんなで、普通の通勤時間の3倍かけて帰り着きました。
で、車はアンダーカバーの前部が取れ、めくれて地面を擦りっぱなし状態。
水圧に負けてはがれたみたい。残念。
週末晴れたら応急処置が必要だな。
それにしても自然は予想外ですごいな。
今日は帰れないかと思ったほどだった。
自分がいたところは、観測史上最大の降水量だったらしい。
稲妻が綺麗だった。
ATR Sport
おととい、ボロボロだったリアタイヤを交換した。
注文してすぐに届いた。
タイヤはインドネシア産で激安♪
今までは交換の度に、タイヤの銘柄を変えてたけど、
今回は同じタイヤをまた履いた。ATR Sportってやつ。
値段も安く、そこそこグリップして、長持ちでお気に入り。

毎回アジア産の激安タイヤを買って思うのは、
強烈にゴム臭い。
タイヤ組み替えに行くまで、リアシートにタイヤを載せてたけど、
息ができないくらい臭い。
タイヤ交換後は、駐車場から降りると、プ〜ンっと臭ってくる。
何かがどんどん揮発してるのかな?
まぁいいや。

で、交換して驚いたのは、乗り心地がかなりよくなった。
まぁ交換後はいつも乗り心地アップに驚いてるけど。
今までは道路の小さなゴツゴツがそのまま車体に伝わって振動とゴーって音がしてた。
それが消えた。
タイヤの消耗は徐々に進むからあまり気付かないもんだな。
それにしても、ハンドルが取られなくなったし、安定感も増したし、満足。
仕事中の移動
仕事中の移動に峠道がある。
車も少なく楽しく移動♪
いい感じで車が動き、気分爽快。
で、今日とうとうリアタイヤからバシバシ音が鳴り始めた。
見たら、タイヤのヒモが出てて、ワイヤーもむき出しに...
あらら。
というわけで、また同じタイヤを↓のサイトで注文。

今と同じアキレスのATR Sportってタイヤ。
値段の割に長持ちでそこそこグリップする。
2本で1万円強(送料込み)
前回買ってから3年近く経ってる。
ホイルスピンさせまくったり、ドリフトしたりして3年とはよく持ったな。
久しぶりの新品タイヤだな。楽しみ。

というわけで、アメリカ行ったときのサンフランシスコ観光を追加
サンフランシスコ観光
F-2のおしり
小さい頃から、
ジェットエンジンの音が好き。
マニアックなことを言うと、
F-4ファントムって戦闘機のアフターバーナーを炊いて飛んでるときの音がたまらん。
ゴーバリバリって爆音で体中が震えるような音圧で、
なんとも言えない心地よさがある。
他の戦闘機のはただ大きな音ってだけ。
小さい頃に行った自衛隊の航空祭では、
ハリアーって飛行機が自分の基地に帰るためエンジンを始動した。
エンジン後ろは近づけないようにロープが張られてたけど、それでも凄いジェット排気の風が。
出来るだけジェット排気の強いところに行って、
一緒に行ってた友達とワイワイ興奮お祭り騒ぎ。
ハリアー自体はアイドリング状態。
それでも、凄い音と凄い風圧で、台風とかの比じゃない。
ロープを張るための支柱のドラム缶は吹っ飛んで行くし。
ロープが吹き飛ばされたので、境界線は消滅!
ということで近づき放題♪
といっても凄い風圧で、小学生の体重&力では見えない境界線があった。
そんなことを味わうことはもう無いだろうな〜
まぁそんな感じでジェットエンジンすき。
で、偶然見つけた動画に驚いた。
バイクなのにエンジン始動音がジェット機のそれと同じ!

アメリカのMTTって会社のY2Kってバイクらしい。(MTT・タービン・スーパーバイク(wikipedia)
ガスタービンエンジンらしい。
ジェットエンジンみたいにジェット排気で進むわけじゃなく、
タービンの回転をタイヤに伝えるタイプ。
それにしても、こんなジェットエンジン音をまき散らしながら走ってたら
知らない人はビックリするな。
いや知っててもビックリするな。
あの音を味わうために、ラジコン用のジェットエンジンでいいから欲しいな。

早朝に母親から電話が掛かってきて、
何事かと思ったら、「マイケルが〜」と。
まぁいつものマスコミの好きな噂話じゃない?
って感じでテレビつけたらなんか時間が経つにつれ、
本当になっていった。
今でも信じれない。
明日には、「冗談でした」ってなれば、
世界中をさらに驚かしたアーティストって記憶されるだろうけど、
報道を見てると、そういうブラックジョークって感じでもない...

初めてマイケルの曲を聴いたのは、
小学生の低学年の頃。
ちょうどBADってアルバムが発売され、
来日コンサートとかで日本中がブームになってた。
家でもレコード(CDじゃない)をいつも聴いてた。

そして中学生の時に発売された「DANGEROUS」というアルバム、ビデオで虜になった。
これはかなりの衝撃だったな。
世の中にはこんなかっこいい音楽があるんだって思った。
ビデオを見る度に鳥肌が立ってた。

一度だけだったけど、
マイケルのライブを生で見られたのはいい思い出。
同じ時代に過ごせたのはラッキーだったのかも。
もう生であのパフォーマンスを見たいと思っても、見ることはできない。

最近は音楽活動をしていないようでマイケルの新しい音楽を聴くことはなかったけど、
まぁいつかは何かやってくれるかなとか、
日本でもライブやってくれるかな?とか期待してた。
けど、死んでしまっては、どれも永遠に失われてしまった...

マイケルの音楽やパフォーマンスは世界中の人に影響を与えたはず。
マイケルは死んじゃったけど、
死んでも残るものが沢山ある。
世界中の多くの人には、ずっと記憶に残るだろうし、
人類が存続している限り、彼の音楽は残り続け、
多くの人たちに影響を与え続けていくんだと思う。
まさに「King of Pop」だったな。

マイケルのように、
世界中の老若男女が知ってるアーティストなんて、
自分が生きているうちには現れないだろうな。

音楽の歴史を変えた人だな。
生きた伝説だったけど、
本当に伝説になった感じ。

まだ実感がわかないけど、
喪失感は大きいな。
壮絶な人生だったから、
今はのんびり眠れることを祈ってます。

Prejudice is Ignorance

このサイトを最初に作ったときは、
インターネットプロバイダのおまけでついてきてたWebスペースを使ってた。
最初は5MBくらいまでしか容量がなかったので、
画像もサイズをギリギリまで減らして容量を節約してた。
ネットも電話回線でやってたから、
電話代もかかるし、
速度も遅い。30kbps程度。
今風にいうと0.03Mbps。
遅!
今住んでる家で測定すると20Mbps。当時の666倍だ。
便利な時代になったもんだ。

で次にADSLになって回線業者を変えたのでサイトも引っ越し。
このWeb引っ越しでWebの容量は25MBになったけど、
サイトが大きくなるにつれて足りなくなってきた。
そんなときに、ロリポップってレンタルサーバを見つけた。
毎月250円くらいで200MBの容量が使える。
それにPHPって言語も使用できる。
これを使えば自由に掲示版とか作れる。
さらに回線業者を変更してもアドレスが変わることがない。
いいことだらけ♪
というわけですぐにロリポップに引っ越し。
今もロリポップを使ってて、6年くらい経つけど、不満なし。
おすすめだな。
さらに今度来週の月曜日に、値段はそのままで200MBから1GBまで容量アップするらしい。
驚き。
200MBでもまだ半分くらいしか使ってないのに
1GBまで増えても使い道がない。
自分のファイル置き場として使うかな〜
もっとこのサイトを充実させよっと♪
ブースト全開
先週の水曜日の深夜に無事に北九州に帰ってきました。
やはり地元はいい♪
ご飯は美味しいし、
空は広いし、
講師するプレッシャーもないし、
人が多すぎないし、景色もいい。
通勤も車で音楽を聴きながら快適。
ちょっとブーストを掛けた加速をするともうご機嫌。
というわけで、さらに九州が好きになりました。
都会以外が好きなのかも。

というわけで、キャリパーのロゴを赤に塗装したので、それを追加
キャリパーペイント
原宿
高校生時代に青春18切符を使って友達と福岡から東京まで行ったことがある。
電車に乗ってて、「しぶや〜」ってアナウンスが流れたときは、
渋谷って本当に存在するんだ!?って感動した。
テレビの世界でしか聞いたことのない名前だったから、自分にとっては別世界だった。
そしてその渋谷で降りる。
でも駅から出られない...
出口がわからない。外に出たいだけなのに。
色々試行錯誤しているうちになんとか出られたと思ったら、
今度は人が多い!!!
渋谷駅の交差点なんて、人多すぎ。なんでみんなぶつからずに進めるんだ?
この人の多さは異常だ、お祭りでもやってるのかな?って思い、
まわりの流れについて行ったけど、何もなかった。
意味不明。

で、10年以上たってまた渋谷に行ってみた。
平日の昼間なのに同じように人が多い!
意味不明。
そして、今は山手線に乗って新宿から原宿まで通勤。
人多すぎ。
満員電車に乗っての通勤してると(まだ2日目だけど)
俺の人生って何なんだろう?って考えさせられる。
みんな毎日片道1時間以上も通勤に時間をかけ、満員電車に乗って老いぼれていくのか?
ブルーハーツのある曲の歌詞を思い出した。
自分には耐えられないな。
でもあと数回満員電車通勤を我慢すれば福岡に戻れる。
綺麗な星空を見ながらのんびり温泉に入る旅行計画でも思い浮かべながら耐え忍ぶ。
ボーイング777のエンジン
この前の水曜日にまた東京に来た。
福岡空港から飛行機でひとっ飛び。

座席は飛行機前方の窓側の席に座ることが出来た。
ここからは、ジェットエンジンがよく見える。
さらにこの日は雨。
おもしろい物が見えるかも?
まずはエンジン始動。
エンジンから唸り音があがり、
ゆっくりとタービンが回り始める。
回転数がどんどん上がっていく。
ファンの中心部に白いペイントがされてて回転がよく分かる。
すげーってかんじ。
しかもボーイング777って飛行機のエンジンは巨大。
客室内から見てても吸い込まれるんじゃないかなって気になっちゃう。
ある程度回転があがると、エンジンが空気を吸い込む力で地面からミニ竜巻が発生。
雨だったので地面にあった水分がくるくる回ってる。すげー
滑走路に入り、エンジン全開。
するとエンジンが空気を大量に吸い、その部分の気圧が急激に下がり、
エンジン前に雲ができた。おぉすげー
残念ながら、滑走路は水はけが良く、
今回は地面から水を吸い上げるところを見ることは出来なかった。
どんどん加速し、離陸。
大量の雨水を吸い込んでもビクともしないエンジンはすげ。
雲の中に入り真っ白な中を突き進む。
雲の中の飛行
太陽光を大量に受け入れ、雲が輝いてまぶしい。
このまま10分くらい上昇し、雲を突き抜けると、白と青だけの世界が。
青と白の世界
すばらしい。
地上の景色は全く見えないけど、満足。
やっぱり空の旅はいいね。
深夜の山道でドリフト
東京から帰ってくると、車のバッテリーがあがってた。
完全放電してしまい、なんの反応もなし。
リモコンキーも効かない。
早速JAFを呼んで、エンジン始動。
充電を兼ねて40分ほど走って髪を切りに行った。
その帰り、駐車場で車に乗り込みキーを回すと、「キュル」。
あれ?また回すと「キュル」...
エンジン始動するほどの電気がなかった。
またJAFを呼んだ。
1日で2回も呼んだのは初めて。

んで、月曜日は北九州に戻ってきて久しぶりの車通勤。
普通に運転するだけで楽しい。
仕事も終わり、帰りは遠回りになるけど山道方面から帰ることに。
普段は片道20kmだけど、山道方面だと40km。倍だな。
それでも山道を走りたかった。
山道の入口から、出口のところまで15分の全開。
直線ではアクセル全開♪カーブ手前でブレーキング&シフトダウン。
ブレーキが暖まると踏むたびにキーキー鳴く。レーシーだ。
タイヤの溶ける匂いがしてくる。
真っ暗の山道を全開で走ってるとWRCで走ってる気分。
やっぱり車を思い通りに操るのは楽しい♪
今日からまた東京(新宿)。
あと2週間半がんばるか。
もらった花束
品川での任務完了。
やっと第一段階の仕事が終わった。
新入社員研修での講師。
1ヶ月半と長かった...
もう二度としたくない仕事だな。
割に合わなすぎる。
でも最終日はみんなから花束を貰い初めてのことでちょっと感動。

昨日は飛行機に乗って久しぶり北九州に帰ってきた♪
でも6月3日にはまた東京の新宿に舞い戻る... はぁ
いつになったら普段の生活に戻れるんだろ?
あと少し北九州生活を楽しみます。
東京都の単線
東京に来て1ヶ月以上経ったけど、
こっちに来てから一度も電車に乗って出かけてなく、
品川の歩ける範囲しか散策してなかった。
んで、とうとう昨日は今回初の電車でお出かけ。
目的地はおじさん(父親の兄)の家。
東京都の東村山ってとこ。
電車を4本乗り継いで行く。
最初は品川から山手線で都会の喧噪の中を進む。
途中で乗り換え、西へ向かう。
なんか徐々に田舎な雰囲気になってきたぞ。
心が躍る。
あっという間に普通の住宅街な感じになってきた。
でもなんか窮屈な感じ。全体的に狭いところに押し込まれてる感じ。
で、何度か乗り換え、最後には線路は単線になった。驚き。
東京でも単線ってあるんだ〜 ちょっと感激。

無事におじさんと会い、一緒に焼き肉を食べ、
野菜ジュース(刺激が強すぎて一口でギブアップ)をつくり、
お寿司屋さんに行った。
このお寿司屋さんでは、江戸っ子みたいなおじさんのお客さんがいた。
話し方も内容も豪快でおもしろい人だった。
で、特に自分から何かを話したわけでもないのに、
なぜか気に入られたようで、
店員さんに「この兄ちゃんにお酒あげて」ってお酒をおごってくれた。
お寿司を食べまくり、もうパンパンにお腹が膨れてたけど、
好意で言ってくれてるので、一杯もらった。
ここでカシスオレンジを頼んだけど、杏子酒のようなのが出てきた。
ん?東京ではカシスオレンジってこんな色なのか!?
って思いながら飲んだら、普通に杏子酒だった...
破裂しそうなお腹でがんばって飲み終わると、
そのおじさん「もう一杯あげて」と店員さんに。
お腹的にもう無理。
ということで、残念そうな雰囲気で、
もう帰らないといけないのでと断り、握手してその店をあとに。
おもしろい江戸っ子おじさんだった。
その後、品川までおじさんに車で(おじさんは飲めない)送ってもらった。
おかげで楽しい一日をすごせた。おじさんありがとう〜。

今回思った東京の感想。
一言で言うと、人間と欲望が凝縮された街が東京。
人が集まり、それがまた人を集め、色々な物事の価値がつり上がってる。
そんな風に感じた1時間の電車旅だった。
都心から少し離れてみることで、意外と日本って小さかったんだなと感じた。
色々勉強になった1日だった。
名曲だな〜って思う曲の一つに「ヨイトマケの唄」ってのがある。
美輪明宏の歌だけど、いろんな人がカバーしてる。
一時期ず〜っと聴いてた。
最近、Youtubeで他にだれかこれを歌ってないかな〜って探してみたら、
森山愛子って人のがあった。
若い感じでキャピキャピしゃべる感じの人だったけど、見てみたらなかなかうまい。
他の動画で、この人がシンディローパーの前で「赤とんぼ」を歌ってるやつもあった。
しゃべってるときと歌ってるときのギャップにびっくり。
そして歌唱力にもびっくり。
シンディもびっくり。
何回も見ちゃった。何回見ても飽きないな〜

歌のことはよくわからないけど、この人はうまいと思う。
演歌の歌い方って、変なのって思ってたけど、この人のは心地よいって感じる。
この人が歌ってる演歌には興味がわかないけど...
いろんな名曲をカバーしたCDとか出したら買うな。
品川インターシティ
GWも終わり、6日にまた東京に戻ってきてる。
4月半ばから6月半ばまで、他社の新入社員研修の講師やってる。
自分のことを知ってる人に、「今講師やってる」って言うと、
「信じられない〜」「教えてる姿が想像できない〜」って人が9割くらいいる♪
東京出張はプライベートな犠牲が多いのでやりたくないけど...
周りから自分への印象で知ってるのは、
「ぼ〜っとしてる」
「のんびりしてる」
くらいかな。
だからかな。
心理学で「ジョハリの窓」ってのがあるけど、
ここの「盲目の窓」ってのが大きいのかも。
ジャンボジェット機
昨日北九州に帰ってきた。
やはり地元はいいもんだ。
いつも通り飛行機で帰ってきたけど、
旅客機の加速と、自分の34の加速ではどっちがGがかかるか気になった。
旅客機もシートにグーって押しつけられる感があるけど、
滑らかな加速で、安心感がある。
それが300km/hくらいまでGが続いてく。
自分の車はクラッチ切ってシフトチェンジするたびにGが途切れる。
でも加速Gがそこそこある気はする。
う〜ん
よくわからん。
100km/hくらいまでは勝てるかも。
それ以降は聞くまでもないな。

今日は2週間ぶりのスカイライン運転を楽しんだ。
最初は完全にバッテリーが上がってて、JAF呼んだけど。
やっぱり運転の楽しい車はいいね。
久しぶりに山道も走りたくなった。

という感じで、アメリカ行ったときのことを追加。
アメリカへ旅立ち
ER34パトカー
週末にちょっと北九州に帰る用があって、東京から帰ってきた。
んで昨日、東京に戻るために福岡空港へ。
福岡空港行きのバスに乗ってると、空港のとこにER34を発見!
遠くにあるスカイラインでもなぜか無意識に反応しちゃう。
白いER34クーペかなって思ったら、
なんか天井のとこがピカピカ光ってる!?
パトカー!?
しかも2ドアのクーペ?
空港でバスを降り、飛行機チケットを買って、
すぐに外にでてそのパトカーが来るのを待った。
するとピカピカに磨かれたボディの白黒の車体が。
すげ。見た目ノーマルのER34クーペだ。
車高も高いし、エアロパーツもなにもついてない。
素のER34クーペを見たのはかなり久しぶり。
内装はパトカー仕様で3連メータは無くなってたけど。
他の人からしたら、ただのパトカーだけど、
自分にとってはスーパーカーを見つけた気分。
福岡県警パトカー
ちょっと得した気分。
公道で見つけたら追っかけてしまいそう♪
それにしても、ピカピカに輝いてたボディにはびっくり。
もっと雑に乗られてるのかと思ってた。
でも何で4ドアスカイラインじゃなくて、2ドアスカイラインなんだろう?
個人的にはうれしいけど。
ビル街
また東京にきた。
今度は6月半ばまでいる予定。
ちょっと長い。
仕事できてるけど、毎日の食事代で赤字...
つらいな〜

今は品川駅のすぐ近くのマンスリーマンションに住んでる。
最上階の15階の部屋なので景色いいのかなと思ったら、
周りのビルが高すぎて、4階に住んでるくらいの景色...
ベランダから下を見るとかなり高いけど。
都会だな。

今日は時間があったので、品川駅周辺を探索。
人も多いし、ビルも沢山で近代的な感じの作り。
オシャレな雰囲気のお店もいろいろいっぱい。
都会だな。

東京に来て思うのは、
人が多く集まった都市だなと。
日本人口の1割がここに詰まってるわけだからな。
経済の中心地で、いろいろな事柄が東京中心に回ってる。
ビジネスをやるなら東京でってのもよくわかる。
田舎でいいものを作って東京の人に売るのが一番儲けるんだろうな。

でも一極集中って感じで脆い感じがしてちょっと怖い。
東京はいろいろな物事があって便利だし刺激的な街だと思う。
それでも自分はやっぱり、適度な田舎生活が好きだな。
会社から帰って車から降りると、いつも空を見る。
そして星空が見えると、自然と笑顔になっちゃう。
東京に来て3日目でもうそんな生活が懐かしい。
直線だな〜
そう。
人間の死亡率は100%
いつか必ず死ぬ。
というわけで、もっと色々楽しむ。

そんな感じで、
この前参加してきたオフ会のレポを作成。
かなり手抜きだけど♪
西日本合同オフ会
スカイライン大集合
とうとう3月も終わり。早いな。
あっという間。なんか忙しすぎて、ここのHPもほったらかし。
そんな今月の20日には、スカイライン西日本合同オフ会に参加してきた。
西日本のスカイラインが広島に集まった。
台数は数十台!
相変わらず多種多様なスカイラインが集まった。
あの中に入ると自分のスカイラインはいたって普通。
ドリフトで白煙モクモク走れば派手にはなるけど♪
ひととおりいろんなスカイラインを見た後は、
久しぶりに会う方々とおしゃべり。
のんびりとした1日を過ごせました。
帰りは広島市内に行き、お好み焼きを食べた。
予想外に美味しかったのにビックリ。
疲れたけど、楽しいオフ会でした。
オフレポはいつか作ります。予定は未定
リア足回り
以前フロントの車高を7mm上げた。
強い横Gがかかってる状態で凸凹道だったりすると、インナーフェンダーを擦ってたから。
ホントは1cm上げるつもりだったけど、途中で疲れて7mm。
でも思ったより見た目が変わった。
1cmくらいだったら見ても分からないだろうって思ってたけど、
フロントだけを上げたからなのか、前上がりな感じで変な感じだった。
気になってたけどめんどくさく放っておいた。
でも、最近は暖かくなってきて作業しやすい天気になってきたので、
リアも車高を7mm上げた。

R33スカイラインで初めて車高調をつけたときは、毎週車高を換えたり、
気になったら駐車場に停めて、その場で車高変更したりしてた。
若かったな〜

で、リアも車高7mmアップしたことで、見た目のバランスがよくなった。
満足。
でついでに、乗り心地も良くなった。気がする。
動きがマイルドになった。気がする。
かっこよくなった。気がする。
恐らく、車高を変えたことによる、
アライメントの変化、足回りにかかる力の向きの変化、重心の変化、
そういったものが影響して、色々変化したように感じるんと思う。
ちょっとしたことで、変化するのは面白いもんだ。
思い通りにするのは難しいけど。
99999km
R34に数年乗ってきたけど、
昨日とうとう走行距離が99999kmに到達した。
しかも帰宅した駐車場で。
あっという間だったな。

R34も製造されて10年以上経った。
乗ってて分かるけど、色々劣化を感じるようになってきた。
すぐに感じるのが、
「ハンドルが取られやすい」
「ハンドリングのレスポンスが悪い」
「乗り心地が落ちてる」
これらの原因のほとんどがゴムブッシュ類の経年劣化だと思う。
足回りのゴムブッシュが10年10万キロ働いてきて、今は殆ど機能してないと思う。
平坦な道をまっすぐ走ってると気にならないけど、
少しでも荒れた路面だと、凸凹した路面から足回りに対して力がかかったときに、
グニャグニャって歪み、ハンドルが取られる感じになる。
それにハンドルを切ってもブッシュがグニャってなってから曲がり始めるから、
車が曲がり始めるまでに微妙な遅れを感じる。
それがレスポンスの悪さにつながってるんだと思う。

今の34を買ったときは2.9万キロだったけど、
ハンドルを切ってすぐに曲がっていく感覚に驚いた。
それが今はない。

というわけで、
今年は足回りのブッシュリフレッシュが目標だな。
・足回りブッシュの交換
・スタビブッシュの交換
・スタビリンクの交換

あと40万キロくらいは乗るつもり。
そのためにはちょっとずつメンテしていこ。
ライオンキング
CDを買わなくなって久しい。
10代半ばまではかなり買ってた。
けど急激に欲しいって思うCDが少なくなり、
よっぽどでないと買うことが無くなってきた。
で最近、数年ぶりにCDを買った。
それは、ライオンキング。
映画のライオンキングでなく、劇団四季のミュージカルのCD。
ミュージカルを見てるときから、いろんな曲が気になってた。
で、どうしても欲しくなり買っちゃった。
これを聞いてると、ミュージカルをまた見た気になれる。
通勤中の車でずっと聞いてるけど、
この独特の雰囲気は好き。
一度でもライオンキングのミュージカルを見た人が聞けば、
いろいろなシーンが頭の中に浮かんでくるはず。
意味の分からない言語だと思ってた言葉が歌詞カードにちゃんと載ってる。
意味があるとは知らなかった。
それにしても久しぶりに買って満足なCDでした。
都庁からの夜景
先週の東京出張では、新宿のホテルに泊まった。
都庁のすぐそば。
高校生時代に東京旅行したときに、何度か都庁にはいったので懐かしく行ってみた。
ここは展望台があって無料で誰でも入れる。
地上から220mあるらしく、エレベータで一気にあがる。
上昇するGを感じる時間が普通のエレベータより長い。
そしてあっという間に耳がツーンってなる。
どこまで我慢できるかやってみたけど、途中でかなり痛くなったのでツバを飲んで耳抜き。
それでもまだ上昇。また耳が痛くなった。
1回のエレベータで2回も耳が痛くなるなんてすげ。
で、到着。約1分の上昇。
そこから見える景色は、下一面の見える範囲が人間が作り出した夜景。
阿蘇で見た満天の星空とは逆だな。
いろんな方向の景色が見られるけど、どこを見てもビルが沢山。
綺麗だけど住みたくないな〜って思っちゃった。

帰りは羽田空港から飛行機で。
幻想的な景色が見られる夜間飛行。
滑走路に向かう途中は、FlightSimulatorと同じ光景。
時々見える青や緑の誘導灯が綺麗。
滑走路に入ると、エンジン全開で加速。
この加速はずっとシートに押し付けられる感じで好き。
といっても体を起こしてずっと窓の外を見てるけど。
雨の日でエンジンを前から見れる席だったら面白いものが見れる。
エンジン全開にして加速中、ジェットエンジンの吸引力で路面にある水を吸んでいく。
すげーってかんじ。
エンジンのちょっと後ろ側にある空気を吸ってるのも水煙のおかげで見える。
雨の日の特権だな。
話が脱線した。
飛行機は加速しつづけ、
滑走路の光がすごいスピードで流れていく。
と、機首があがり、ぐーっとGを感じ上昇を始めた。
ある程度上昇すると、右旋回。
自分は右の窓側に座ってたので、今までいた羽田空港がよく見える。
ぼんやりオレンジの光に照らされ、空港自体が光ってるように見えて独特な雰囲気で綺麗。
飛行機は九州方面に向けて旋回、加速、上昇している。
羽田空港には着陸する飛行機や、離陸する飛行機がゆっくりに見える。
さらにちょうどいい具合に東京の夜景がよく見える。
空から見る東京の夜景は幻想的。
街自体が光ってて、まるで発光生物のように見える。
宝石を散りばめたようにも見える。
そこには1000万人の人生が詰まってると思うと不思議。
東京圏をでるまで見続けた。
東京を出たとたん、真っ暗...
窓の外を見ても、何も見えない。
高度1万メートルから東京って変なところだなと思った。
新宿
出張もおわりかえってきた。
東京での生活で一番ストレスだったのはエレベータ。
なんか普段福岡で生活していると味わえない雰囲気。
大勢が駅を降り、みんな同じような方向に進み、それぞれの高層ビルに向かって歩く。
そして、多くの人がランプが点いてるエレベータに並ぶ。
乗り込んで目的の階につくまで一階づつ進んでいく。
やっと目的の階につくころには微妙にクタクタ。
そしてお昼になると吸い込まれるようにみんなランプの点いたエレベータに向かっていく。
変な光景だ。
そして、すぐにエレベータは満員。
みんな1階を目指す。
といっても他の階の人も1階に降りたいため、
毎階エレベータは止まり、ドアが開き、乗り込めないと観念しそのまま閉まる。
これを何回か繰り返し、やっと1階に到着。
ちょっと外にでるだけで嫌になる。
エレベータに遊ばれてるような...
東京に住みたくない理由の一つはエレベータかもと思いながら、
無事に帰宅した。
空から見た雲
仕事で久しぶりに東京にやってきた。
やっぱり空の旅はいい。
普段味わえない感覚や景色を、思う存分味わえる。
飛行機の加速Gから始まり、離陸時の縦Gの感覚。
そしてどんどん地上から離れていく景色。
普段とは全然違う景色。
今までいた場所は豆粒みたいになり、
ほんとにそこにいたのかって気になる。
そして自分で歩いた距離なんてちっぽけだなって感じてしまう。
飛行機はさらに上昇し、雲を突き抜け高度11kmくらいで巡航。
ここまでくると、雲海とはよくいったもんで下一面が雲。
見とれてるとあっという間に着陸のための降下が始まった。
すると徐々に雲が近づいてくる。
なかなか雲に近づかないので、意外と距離があったのに気づく。
目の感覚なんてあてにならないもんだ。
雲の上をスレスレで飛んでるときは、雲がかなりの速度で後ろに流れていく。
飛行機って速いんだって再認識。
雲に入っちゃうと一面真っ白。
目がどこに焦点を合わせていいかわからず、混乱する感じで変な感じ。
その変な感じを味わってると、急に視界がひらけ、地上が見えた。
う〜ん 不思議。

というわけで、今週の金曜まで新宿ライフを味わいます。
ライオンキング
この前の土曜日、博多のキャナルシティでライオンキングを観てきた。
2度目のライオンキングだったけど、やはりイイ!!
何度観てもいい。
これは誰にお勧めしてもいいと思う。
音楽、歌声、演技すべてに圧倒される。
オープニングだけでも感動してしまう。
はっきりいって最高です。
あの最後のドンって音で真っ暗になるとこが好き。

終わってもすぐにまた観たくなった。
カーテンコールでは生まれて初めてスタンディングオベーションしちゃった。
心のリフレッシュになった。


そこまではよかったけど、
帰りが死ぬほど疲れた。
原因は、大雪。
これで高速道路、都市高が通行止め。
大雪で白線は見えないし、タイヤはツルツル滑る。
下道で帰る場合の山道はおそらく走行不可能なので、
遠回りになるけど大きな国道で帰ることにした。

これがかなりの渋滞。
というか全く動かない。
信号が赤になり動かないし、青になっても全く動かない。
雪で事故になり、道路を完全にふさいでいるのか?って感じ。
動かないといっても、ごくたま〜に動くのであまり気を抜くこともできない。
国道では車がギュウギュウ状態なので、
どこかに停車して休憩ってのもできないし、
トイレに行きたくなっても行けない。
自分のとれる選択肢がかなり制限されちゃう。
渋滞のいやなとこはこれだな。

4時間くらいたって、なんとか24時間営業のスーパーを見つけ、駐車場にとめ休憩。
自分の疲労もたまってたし、全然動かない状態なら動くようになるまで休憩したほうが賢いと。
で、ここで30分くらい寝て起きると、不思議と渋滞が解消してた。
あとは今までのが嘘のようにスイスイ帰れた。
といっても凍結してるとこが沢山あったり、
動けなくなって乗り捨てられたと思われる車が多数あったりと、普段とは全然違う光景だった。
それにしても、まだ凍結や、雪が残る路面で、みんな車間距離が狭い...
前の車が急ブレーキ踏んだら止まれない可能性大の距離。
みんな恐怖心がないのかな〜

帰り着いたら朝の4時。
普段1時間くらいの距離が、7時間かかった。。。
かなり疲れた。

でもライオンキングはよかった。
ハクナマタタ
すれすれ
1月ということで思い出した変なことを言う人。
去年の話だけど、お年玉をあげるために
ポチ袋(なんでこんな名前かわからないけど)を雑貨やさんに買いに行った。
どこにあるか全然わからないので、お店の人に「ポチ袋ありますか?」って聞いた。
お店の人:「ぽちぶくろ?ですか?」って感じで、ポチ袋を知らなかったので、
自分:「お年玉を入れる袋です」と言った。
すると
「ポチ袋は無いですけど、そんな感じの袋はありますよ」
と売り場まで案内してくれた。
その場所は、まさにポチ袋売り場!
って商品を置いてるとこにちゃんと「ポチ袋」って書いてた。
若い感じのお姉ちゃんだったので、まだポチ袋知らないんだろうな〜
お年玉なんてあげるより、貰う立場だろうしな。
自分がポチ袋知ったのはいつだったかな〜
自分も昔はそんなだったかな〜
と色々思いながら、レジにポチ袋を持って行くと、
そのお姉ちゃんがいた。
商品を渡し、財布からお金を取り出していると、
包装をどうするかの、「贈り物ですか?」と聞かれた...
ん?
贈り物といえば贈り物だけど、
ぽち袋を贈り物するわけじゃないしな。
予想外な質問に一瞬頭が混乱し返答に困った。
「シールでいいです。」
そりゃ雑貨屋さんだから贈り物ってことが多いだろうけど、
マニュアルどおり?になんでもかんでも
「贈り物ですか?」って聞く必要はないのでは?
もし「はい 贈り物です」と答えたら、
綺麗に包装して、リボンまで付けてくれるのかな?
というか、ポチ袋って贈り物(現金)を包むためにあるもので、
それを贈り物用包装する人はいないと思うけど。
ポチ袋をプレゼントするされても嬉しくないし。
う〜ん なぞだ。
鳥たち
生きていると色々な人と刹那な出会いがある。
そして変なことを言う人と出会ったりすることもある。
以前、会社の人達と、変なうどんやさんにしかたなく行くことがあった。
その店の中の雰囲気も変だった。
入った瞬間になんか失敗した...って思ったくらい。
で、お茶をだしてもらったけど、初めて飲む感じの味だったので、
みんなで何のお茶やろうね〜って会話になった。
なので、お店のおばちゃんに、
「これは何のお茶ですか?」って聞くと、
「普通のお茶よ」
って答えられた...
「普通」って、おばちゃんにとっては普通かもだけど、
こっちはみんな初の味なんだよ〜って思いながら「そうなんですか〜」って答えた。
そして会計の時、4人いたので「別々で払います」と言って払ってたけど、
最後の2人になったとき、「あなたたちは残り・・・円ね」ってなぜかまとめられてた。
二度とこないだろうと思いながら店をあとにした。

理科で人間は20Hz〜20000Hzの音が聞こえると習ったけど、
実際は個人差が大きい。
若い人は高音まで良く聞こえるけど、
20代を越えると徐々に聞こえなくなってくるらしい。
実際、子供のころにブラウン管式のテレビでキーンって音が聞こえるのが気になってた。
親に言ってもなんのこと?って感じで、
自分にしか感じない感覚があるのか!?って嬉しい気持ちを覚えてる。
最近はブラウン管自体が少なくなったので、今でも聞こえるかどうかは分からないけど。
で自分がどれくらいの周波数の音まで聞こえるか試すソフトがあるので試してみた。
→可聴周波数域チェッカ
結果、17040Hzまで聞こえた。
これ以上は10Hzでもあがると聞こえなくなっちゃう。
不思議なもんだ。
耳の中にあるピアノの鍵盤が足りなくなる感じ。
他の人がどれくらい聞こえるのかはわからないけど、
20kHzの音を聞いてみたいな。
ライオンキングのチケット
今月の24日にまたライオンキングのミュージカルに行ってきます。
また見たいと思ってたけど、前から6列目のいい席がとれたのでよかった。
去年行ったのは、1月23日で、今回は1月24日。
偶然だけどちょうど1年ぶり。
あの歌声や、表現力はすごいと思う。
非日常を味わってきます。
楽しみだ。

ER34の4ドアに乗ってる古屋さん。
メールありがとうです。
返信したんですけど、メールアドレスが違うとエラーメールが返って来ちゃいます。
よかったらもう一度メールフォームからメールアドレスを送ってもらえると嬉しいです。
久住で見た日の出
あけましておめでとうございます。

無事に年も明け、のんびりした正月を過ごしてます。
自分が子供の頃、正月ってのは厳かな感じがしてたけど、
今では、そんな感じがしないな〜
正月気分ゼロ...
まぁ近所の神社に初詣も行ったので満足。
今年ものんびりストレスフリーに過ごし、
車ライフを楽しみます。
そういうわけで、今年もよろしくお願いします。