FLAT OUT
Anyway the wind blows...
What's new Car&Driving Column My Profile BBS Links     

2016/01/30 - 雪道走り


先週は福岡でもまれに見る大雪だった。
そのときは海の中道にあるホテルに泊まってて、朝起きると雪が積もり吹雪・・・
ここは海に囲まれてるので、早く帰らないと陸の孤島になってしまう。
というわけで、急いでチェックアウト。

路面が凍結してなく雪だけなら、
なんとかグリップしてくれるから、コントロールはできる。
といっても夏タイヤのスカイラインには厳しい条件。

こんなときはトラクションコントロールがかなり役立つ。
普段は邪魔な装備でしかないけど、雪道ではとても機能してくれる。
アクセルベタ踏みしても、ホイルスピンしないように制御しながら加速して進んでいく。
機械式LSDもつけてるから、走破性もそこそこある。

いつも思うけど、雪道を走るときはドリフト練習しててよかったと思う。
滑っても焦ることもないし、ちゃんとコントロールしながら走れる。
なにより楽しい。
車が滑ることに慣れてない人にとっては、どんな感じだろ?
カウンターは無意識に当てられるだろうけど、当てるタイミングが遅いだろうし、カウンターを戻すことを知らないだろうから、そのまま逆向きにスピンしちゃうと思う。
といっても最近の車は、トランクションコントロールや、スタビリティコントロールまでついてるから、何も考えなくても、スイスイ走れちゃうかも。
ただ、雪道では物理的限界はかなり下がってるので、油断してるといつの間にか限界を超えて対処不能になってパターンもありそう。

帰り途中で、トラクションコントロールをオフにして帰った。
ちょっと踏み込むだけでホイルスピンの嵐。
停止状態からの発進はかなり気をつかう。
急なアクセルオフもタイヤがロックして車が横向き始める。
綺麗に走らせるには、かなり丁寧なアクセルコントロールが必要だけど、それも楽しい。
逆に、ちょっと乱暴に操作(アクセルオンでもオフでも)すれば、ドリフトに持ち込める。
しかも時速10キロくらいの超低速ドリフトもできる。
雪道は常にドリフト状態で走れるので楽しくてたまらんです。

自分のER34は今時の制御システムなんて洒落たもんついてないから、
コントロールはすべて自分の配下にある。
アクセル、ブレーキ、ハンドルが自分と直接つながってる状態。
車の動きを体内センサーで感知して、操作する。
自分自身と車が一体化した感じは他では得られない感覚だな。

おすすめの超激安タイヤ通販 AUTOWAY